LFORT BLOG

11/28、29の土日、スキップフロアーの家オープンハウス開催中です!!

2020年11月28日

11/28、29の土日、安倉西三丁目、池尻三丁目B号地にて、オープンハウス開催中です。是非皆さんお越しくださいませ★

今日の本65(ネクロポリス上下巻)

2020年11月27日

おはようございます。今年はマスクと手洗いうがいの効果があったのか、例年よりもインフルエンザの感染率が9割も減ったそうです。手洗いうがい、細かいですが、基本がやはり大事なのだな、と思いました。
今日の本は、恩田陸さん、ネクロポリスの上下巻、です。
♯恩田陸 ♯ネクロポリス

【再開したい人は誰?】
世界のどこかにある、懐かしい故人と再会できる場所「アナザー・ヒル」。ヒガンと呼ばれる11月から冬の間だけ行われる祝祭の期間にだけ、入山許可証を手に入れることができた人間だけが、アナザーヒルに船で訪れることができる。
入口には日本の大きな朱色の鳥居にヒガンという期間という概念、街の雰囲気や紅茶好きはイギリス、祝祭の雰囲気はメキシコの死者のお祭りのようだけれども、どれも違うこの世界。死者は実在し普通の人と何ら変わらない。知らない人から見たら、死者とではなく、親しい人同士がおしゃべりに興じているようにしか見えないだろう。
死者はアナザーヒルにずっといられるわけではなく、その先の死の世界への通過点がアナザーヒルなのだ。だから人々は親しい人が亡くなると、死者の国に行ってしまう前にヒガンに参加する。死者と生きている人の境目がない習慣に最初はびっくりするだろう。死は悲しむものではないということにも。
死は悲しいものなのか自分にはまだわからない。初めて参加したお葬式で、こんなにも大勢の人が来ているのに、本当に死んでしまった人に会いたくて会いたくてたまらないという人は本当に数えるほどだったのに驚き、温度差を嫌というほど感じたのを幼心に覚えています。いったい何の義理でこの人たちは自分の時間を割いてまで参加しているのだろうか?不思議で不思議でたまらなかった。
かといって、わんわん泣いているだけで別れの時間が終わってしまうというのもどうなのだろう…死者からしたら余計に悲しむのではないだろうか?楽しい思い出をずっと覚えておきたいから、自分の中ではずっと楽しく笑っていてほしい。だから泣くよりも、一緒に過ごした楽しい時間がどういう風だったのかを伝えたい。どんなことが好きでどんなことが楽しいと思っていてくれたのか。もしかしたら誰も知らない一面を伝えられるかもしれない。それが残されたものの務めだと私は思う。

今日の本64(美しきもの見し人は)

2020年11月26日

おはようございます。もう初冬の訪れが来た感じですね。風邪も流行っているようなので、お体ご自愛下さい。おでかけにはマスクを忘れずに。
今日の本は、篠田真由美さん、美しきもの見し人は(うるわしきものみしひとは)、です。
「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズが有名な作家さんです。カラクリや建築好きにはたまらないシリーズです。この本は、「さいはての館」シリーズ第二弾、長編ゴシック・ロマンスです。
♯篠田真由美 ♯美しきもの見し人は

【それぞれの女性の究極の愛のカタチ】
孤島にあるお屋敷が舞台。昔は島民もいたが、過疎化が進み集団移住し、残ったのは東京から移り住んだ作家の一族のみという島だ。
作家である元当主の蘭堂エイトは、屋敷の自身の書斎で「昇天」したという。「帰天」ではなくキリストと同じ「昇天」。目の前で消えていなくなったというのだ。書斎の扉には取っ手がなく、中から押し開けることができない構造になっているうえに、図書室につながっており、図書室の鍵は支所の宗方しかもっていない。当時、書斎と屋敷と島の三重の密室となっていたなかで、エイトは忽然と姿を消したという。
現当主の蘭堂キアラに、遺産を狙うエイトの忘れ形見という人物の調査を依頼され島にやってきた探偵が主人公。
もともと屋敷にいたのは、キアラ、シスターのスール、司書の宗方、メイド頭の一色、料理人の見城、メイドの紅子。自分(探偵)と同時期に外からやってきたのは、自称編集者の石黒、エイトの忘れ形見という洋子だ。
屋敷に住まう女性たちそれぞれに秘め事があり、他人にそれを暴かれるのを恐れている様子だった。それでも各々エイトを敬愛しており、エイトは聖人君主で昇天したと口を揃えて言う。だが、人間が消えるということは簡単なことではない。探したが、隠し扉や抜け道も見当たらない。
女性たちが隠していることとは?
エイトは本当に奇跡を起こし昇天したのか?
はたまた三重の密室の中で殺害されたのか?
その痕跡は?
自分が見出した先に何があるのか?
謎が謎のままだったり、謎がさらなる謎を生んだり、なんとも後味の悪さを感じる人もいるだろう。本当に終わったのか。すべては女性たちの深い深い愛、愛するがための行動、ただただ愛のため、切ないまでの他人に理解されなくても自分の心のまままの行動。私がそれを理解するにはまだまだ人生経験が不足しているのかもしれない。またいつか再読してみようと思う。

今日の本63(ポイズンドーター・ホリーマザー)

2020年11月24日

おはようございます。三連休、紅葉に行ったよ、という方もいらっしゃると思います。秋も深まり、寒くなってきました。分厚いコートが必要ですね。
今日の本は、湊かなえさん、ポイズンドーター・ホリーマザー、です。
♯湊かなえ ♯ポイズンドーター・ホリーマザー

【鏡のように反転する世界】
母と娘、姉と妹、友達同士、男と女。
ボタンの掛け違いで、同じ内容なのに見る側が違うだけでこんなにもみごとに反転する。反転が鮮やかすぎて怖い。どっちが真実なのか。きっとどっちも真実で、どっちも違う。善意、正しさ、誰かの指標かで、これほどまでに印象が違うのか。読んだ後に寒気がしてしまう、そんなお話たちの6話からなる短編集です。
母親の、姉と妹との扱いの違い。妹は良くて姉の場合はダメ、妹には甘く姉には厳しい。耐えて耐えて耐えて限界まで来たときに姉の耳に聞こえてきたのは、妹と母が私を貶している会話だった。お姉ちゃんってちょっと変だよね昔から、きっと病気なんだよって。ああ、妹のように扱われていたら、妹と立場が逆転していたら、それでも妹はそんな台詞を吐けるのか。なぜこんなにも違うのか。自分が悪かったのだろうか。自分の見える世界と妹の見る世界はきっと違っていたのだ。途方もなく違っていたのだ。鏡のように逆転していたのだ。きっと分かり合えることのない、そう、一生。
一方、妹から見た世界は?さあ?それはどのようなものだったのだろうか。知りたい人は是非一読を。
ドラマ化もされています。

★★11/22はいい夫婦の日です★★

2020年11月21日

おはようございます。本日から三連休ですね。池尻三丁目B号地にて三日間オープンハウス開催中です。お散歩がてらスキップフロアーの家をご覧になりませんか?他とは違う個性的なお家に仕上がっています。是非足をお運びください。
明日、11月22日は、いい夫婦の日、です。
「いい夫婦の日」が知られたことでこの日に婚姻届を出すという人も近年増えているそうです。また、11月23日の勤労感謝の日も語呂合わせで「いいふさい」と読めることからこちらも夫妻の日ともいわれています。11月22・23日の夫婦のための日にバラを贈り合ったり日頃の感謝を伝えて過ごすのも素敵ですね。


2009年にいい夫婦の日には「ありがとう」の言葉と「バラの花」を贈ろうというキャンペーンが行われています。照れくさかったりしてなかなか言えない感謝の言葉や恥ずかしくてできていない花をプレゼントする機会にしてみてはいかがですか?

関連記念日
•よい夫婦の日 <4月22日>
•いい夫婦の日 <11月22日>
•いい夫妻の日 <11月23日>
•夫婦の日 <2月2日>
•夫婦の日 <毎月22日>

今日の本62(人魚の眠る家)

2020年11月20日

おはようございます。昨日の晩はすごい雨でしたね。やっと小降りになってきましたが、通学通勤時間帯は合羽を着なければならず、視界も悪かったので、中学の学生さんたちは傘をさして集団でゆっくりしゃべりながら横並びになって登校するので、その合間を小さい小学生や幼稚園や保育園児が歩くのは、かなり大変です。視界の下に子供がいる状態になっているので、わかりづらいですが、急に立ち止まられたりするとコケてしまったりするので、小さい子が歩いている場合は気を配ってあげてください。
今日の本は、東野圭吾さん、人魚の眠る家、です。人の死はいつなのだろうか?脳死判定されたときか、心臓が止まったときなのか。日本の脳死制度に疑問を投げかける一冊です。
♯東野圭吾 ♯人魚の眠る家

【愛する人が目を覚まさないと知ったら・・・どうしますか】
心臓が動いているのに、脳が動いていない。心臓が止まるのは数時間後か数日後か数年後か…わかりません、どうしますか。ある日突然そう医師から告げられたら、困惑するだろう。心臓が動いているのに・・・と。
ある夫婦のもとに、小学校に上がる前の娘がプールで溺れたと、突然悲報が届いた。彼らを待っていたのは、「おそらく脳死」という曖昧で残酷な現実。脳死は脳死判定を二回おこなって、そこで初めて脳死となる。脳死判定とは、臓器を移植するために必要な判定だ。臓器を移植するには心臓が動いている状態で、臓器が生きている状態でないといけないらしい。脳波がなくなった時点で、臓器移植の意思があるかどうかを聞かれる。残された家族にはたまったものではないだろう。心臓が動いているのに、なぜ?まだ生きているのになぜ?と。
だから、運ばれた時点で脳波がなかった場合、医師は、「おそらく脳死」という表現しかできないのだ。二人は一旦死を受け入れたが、別れの直前に手が反射反応で動いたせいで、直前に翻意。「娘は生きています」と。最先端技術を採用し、医師も驚く方法で、娘との生活を続けることを決意する。狂気ともいえる深い深い愛情。最後には涙涙涙。ここまで愛された子供はきっと幸せな最後の時間を過ごしただろうと思う。それがどういう形でさえ。
一番心に刺さったのは、帯にもあるように、
「娘を殺したのは私でしょうか。」
と問う言葉。その言葉に答えられるのは、今の日本には誰も存在しないでしょう。法律自体があやふやなのだから。何をもって死なのか。深く考えさせられる一冊でした。

主演:篠原涼子さん、映画化もされています。

今日の本61(ワーキングホリデー&ウィンターホリデー)

2020年11月19日

おはようございます。ここ数日暖かい日が続いていますね。お昼間は外で動いていると暑いくらいだなぁと思うこともありますが、夜間ははやり十五度を下回っているので、気温差で体調を悪くしてしまうこともありますね。この時期は免疫力が大事なので、しっかり食べてしっかり眠りましょう。
今日の本は、坂本司さん、ワーキングホリデー&ウィンターホリデー、です。
♯坂本司 ♯ワーキングホリデー ♯ウィンターホリデー


ある日突然、「初めましてお父さん」と全然知らない幼い男の子が現れたらどうしますか?お前誰?本当に俺の子??疑いつつも一緒に過ごした日々で親子なんだとわかる日が来る。この子を守らないとと思う時が来る。ちゃらんぽらんだった人生をしっかりしたものにしようと思う。そんな心あたたまる親子愛のお話です。
主人公は元ヤンでホストの大和。武闘派ヤンキーだが根は真っすぐな大和は、クラブのオーナーのおかまのジャスミンに拾われ、ホストの世界に足を踏み入れることになった。その勤務先のホストクラブ「クラブ・ジャスミン」に突然小学五年生の男の子が現れ、「初めまして、お父さん」と挨拶されるところからお話は始まります。お前誰?状態だったが、よくよく話を聞くと、身に覚えのない話じゃなかった大和君は焦る焦る。息子が現れた翌日にジャスミンは大和を解雇し、新たな就職先を斡旋、それは宅配便会社の、正社員を前提としたアルバイト。息子(進)のためにもこの世界から日の当たる場所へ行きなさいという親心だった。
昼間あせくせ体力仕事なんてやってられるか!と、最初はきつかった仕事も家に帰ると進(息子)がいる状態(夏休みの間だけ一緒に暮らす)が嬉しく頑張ろうという気になり、毎日ハチさんのリアカーをひいて街を走り回るようになった。給料はホストの時よりもずっと安いが、誰かのために働く喜びを覚えた大和。いっぽうしっかり者の小学五年生の進は、大和が働いている間、家の中の家事をしたり料理をしたりと、大和をサポートする。他人だった者同士が親子になっていくさまが、あたたかい気持ちにさせてくれます。夏休みの終わるころ、離れがたく泣いてしまうところは、やっぱりしっかりしていても子どもなんだなと安心させられる部分もありました。
「次は冬休みに来るね」そう言い残して、母親のもとに帰っていった進。イベント盛りだくさんの冬休み、進と大和がいったいどういう休暇を過ごすのでしょうか。父親らしくなってきた大和は、後輩の教育係に任命され、できない後輩に苛立ちながらも指導するという、仕事もステップアップしていきます。ウィンターホリデーでは、生ものの配達の難しさ(特に代わりの効かないおせち料理など)、時間の制約、配達員さんの苦悩がとてもリアルに描かれています。本当に大変な仕事だ、生活に欠かせない仕事なんだ、と思い知らされ、配達員さんたちにエールを送りたい一冊に仕上がっています。
ワーキングホリデーは映画化、漫画化もされています。韓国でも原作は発売されています。


作中でおなじみ、蜂さんリアカー。オレンジ色で目立つし、可愛いですねぇ。大和さんはこれを勝手にカスタマイズしちゃってますが(( ´艸`)ウィンターホリデーでは、バージョンアップして自転車で漕げるリアカーになってます。

今日の本60(ラパティスリー&ショコラティエの勲章&菓子フェスの庭)

2020年11月17日

おはようございます。今日は暖かい日中になりそうです。お散歩日和ですね。脱ぎ着しやすい恰好でのお出掛けをお勧めします。
今日の本は、上田早夕里さん、ラパティスリー&ショコラティエの勲章&菓子フェスの庭、です。
甘いお菓子店シリーズ三作目。読む順番は、ラパティスリー⇒ショコラティエの勲章⇒菓子フェス、の順が良いです。
♯上田早夕里 ♯菓子フェスの庭


神戸にあるロワゾドールに努める新米パティシエの成長のお話です。菓子フェスは、ラパティスリーの五年後のお話、新米から中堅ベテランに成長した主人公の個性とアイディアが光ります。ショコラティエの勲章は、ロワゾドールにチョコレートを卸しているショコラドルイというショコラトリーと、老舗和菓子店のお話。どれも美しく美味しいお菓子のお話です。
菓子フェスは読み終わる数ページ、口の中いっぱいに甘酸っぱい恋の切なさが広がります。五年越しの恋は実るのか?この回では、甘いものが嫌い苦手な人でも食べられるお菓子に挑戦します。甘いもの大好きな人がお店に行くとき、決して一緒に行く相手もめちゃくちゃ甘いもの好き、、、、というわけではないでしょう。チョコを見ただけでもだめ、そういう人も食べられるスイーツを目指します。
どの本も200ページ前後のとても薄い本なので、通勤や通学の合間に読めてしまうと思いますよ。パティシエの知られざる世界をのぞいてみませんか?
※「パティシエ(patissier)」と「パティシエール(patissiere)」の違い。
日本では、一般的に「パティシエ」というとケーキなどの洋菓子を作る人として認識されていますが、この言葉はもともとフランス語で「菓子製造人」のことを意味します。
フランス語は日本語とは異なり、名詞などに「男性形」と「女性形」が存在し、それらを使い分ける必要があります。フランスでは男性の菓子製造人のことを「パティシエ」と呼び、女性の菓子製造人を「パティシエール」と呼んでいます。
ちなみに、英語では洋菓子職人のことを「ペイストリー・シェフ(pastry chef)」と言いますが、実際にはフランス語である「パティシエ」という単語がよく使われています。英語も日本語と同じく名詞に文法的性はないため、女性の洋菓子職人も「パティシエ」と表現します。

今日の本59(死神の浮力)

2020年11月13日

おはようございます。毎日コロナのニュースで少しどんよりした気分になりますね。インフルエンザとコロナは同時にかかった患者さんがいるそうです。幸い重症ではなく軽症だそうですが。マスクや手洗いうがいが基本原則です。この寒い時期を頑張って乗り越えましょう!!
今日の本は、伊坂幸太郎さん、死神の浮力、です。
♯伊坂幸太郎 ♯死神の浮力

『死神の精度』で活躍した「千葉」が8年ぶりに帰ってきました。クールでちょっととぼけた死神さんのお話です。
彼の訪れる日はいつも雨。だからいつも傘をさしている。彼らは8日間対象と接触し、「可」であるか「見送り」であるかを判断する。もちろん命の長さだ。「見送り」の場合は20年延長される。だが、それはごくごく稀だ。彼らはほぼ毎回「可」を出す。死神にも色々いて、一度対象と接触しただけで「可」を出すもの、不真面目、真面目、その辺りは人間と同じだ。結局、最後には「可」を出すのになぜ真面目に律義に8日間付き添い職務を全うするのか。
彼の訪れる日はいつも雨。
彼はこよなく音楽を愛する。
彼は人には興味がない。
だか、彼と関わった死にゆく人は、きっと関わらなかった8日間よりも、関わった8日間を過ごせたことを幸せに思うだろう。
一年分笑った。
ハラハラドキドキした。
いい時のことを思い出した。
最悪な気持ちを忘れられた。
千葉は特に何もしない。ただ会話をするだけ。でも会話がちぐはぐで、参勤交代の大変さの話とか、城の塀の話とか、いつの時代の話!?とツッコみたくなる話ばかり。でも千葉は大真面目。どういう形で死を迎えるかは分からない。だが、最後の8日間を一人で過ごすより、ちょっと変わった他人と過ごすのもアリかな、そう思えた。
人はいつか必ず死ぬ。
もしかしたら明日かもしれない。
ずっとずっと先かもしれない。
わからない。
だから、一日を大事に生きたい。せめて死に間際まで笑っていたい。死の恐怖よりも、精いっぱい生きたことを誇りたい。ああ、生きてた、ああ、生きてたんだ、確かに存在していた、その時には大好きな人のことを想っていたい。大好きな人には泣かないでほしい。いつまでも自分の笑い顔を、いつまでも楽しかったことだけを覚えておいてほしい。
死神の精度シリーズの、二作目です。大切な何かに気づく一冊です。

死神の精度 映画化
キャスト:千葉:金城武さん

死神の浮力 舞台化

★★11/11は独身の日です★★

2020年11月12日

おはようございます。ニュースでもすごい盛り上がりでしたが、昨日はおひとりさまの日、独身の日(w11)でした。11月11日は中国では、ネット通販のセールが大々的に行われて、大きな盛り上がりを見せる日です。

11月11日がなぜ、『独身の日』かというと、『1』が並んでいる、つまり、『1人』が並んでいる日だからです。もともと、中国語では『光棍節(こうこんせつ)』と言っていました。中国語で『棍』とは、つるつるに光る棒を意味しますが、『光』には『何もない』という意味もあります。枝葉(えだは)がない、つまり、『独身、独り身』という意味につながるのです。この日は『独り身の節』『独り身の者のお祭り』だったのです。

それがなぜ、盛大なネット通販セールの日になったのか。その発端については諸説ありますが、代表的な説は1993年に南京大学の学生たちが始めたというものです。宿舎のベッドで行われる雑談会で『俺たちは独身で恋人もいない。将来必ず結婚できるとも限らない。プレゼントする相手もいない。そんな寂しい自分に何か買ってあげよう』というアイデアが出てきて、若い世代を中心に自分へのプレゼントを買う習慣が広まっていったというものです。

つまり、『独身者の悲哀』から始まった習慣なのですが、そこに目を付けたのが中国のネット大手アリババです。アリババは2009年11月11日に大規模なネットセールを実施して、『独身諸君、自分のために何かを買おうじゃないか!』と呼び掛けました。その2009年の売り上げが5000万元、1元=16円で計算すると日本円で8億円ほどでした。その後、年々すさまじい勢いで売り上げを伸ばし、2018年は2135億元(約3兆5000億円)、2019年には2680億元(約4兆1000億円)にまで拡大しました。
今年はなんと7.9兆円!!コロナの影響もあったようですが、すごい金額ですね!楽天の一年間の売り上げの約二倍を数日で売り上げるという快挙をなしとげました。
毎年、11/11はセールが盛り上がりそうですね!!

カレンダー

11月 2020
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ