LFORT BLOG

今日の本50(君の隣に)

2020年9月29日

おはようございます。九月もあと二日ですね。季節の移ろいは早いものです。あれほどエアコンがないと過ごせなかったうだるように暑い夏が過ぎ去り、今は窓を開けるだけで気持ちの良い風が入ってきます。お出掛けするにもいい時期になりましたね。近所を散歩するだけでも気持いいです。年中この気候だったらいいのに・・・と心から思います。
今日の本は、本多孝好さん、君の隣に、です。自分が命に代えてでも守りたいもの、母と娘の物語です。
♯本多孝好 ♯君の隣に

「人は最期はしかるべき場所に帰る」最後にはその場所に帰っている。そういう場所がだれにでもあるんだと思う。それは誰にも代えることがない大切な人・・・「君の隣」だ。
孤独な少女、翼。二年前の小学校四年生まで根暗でよく授業を抜け出し逃げていたが、突然明るく優しい人気者に変身した。いつも彼女の周りには人がたくさん集まり、彼女はクラスの太陽のようだった。変わったきっかけは何なのか。彼女が変わろうと大変な努力したのを知っているのは、授業を一緒にサボっていた友達だけだ。今、彼女の周りでは、彼女の本当の顔を知るものは、ほとんどいない。
変わったきっかけは、彼女の大切な人が消えたこと。その直後から、彼女の周りにはその大切な人が残した三人の大人がいてくれた。いずれも寂しさを抱えた人だけど、彼女を大切に想う優しい人たちだ。その人たちに守られて過ごした子どもだった自分の二年間。大切な人が自分に残してくれた大切な財産だ。だからこそ、彼らにとっても大切な人の代わりになろうと必死で努力した。
「黒い魔法」相手の中に、自分への愛情があることを前提に初めてかけられる魔法。大切な人は、「黒い魔法」を彼らにかけたんだ。翼の手元に三人が残るように、自分の存在を消したんだ。自分がいつか翼の元に帰ってくるかもしれない、自分の消息が明確にならない限り、そういう思いが彼らを強固な絆で繋ぎとめ続けるはずだ。
その黒い魔法が解ける時、三人はそれぞれの場所へ帰っていく。いつまでも魔法で縛ることはできない。翼の元から去っていく。それは、しかるべき場所、何にも代えられない場所、必然的に戻る場所へ。翼の隣ではない、誰かの隣へ。いくら望んでも自分の隣じゃない、誰かの隣へ。それでもいいと思えた。もうたくさん貰ったから。それでもいいと思えた。自分の大好きな人の幸せを願うから。そう思えるくらい自分は成長したから。もう大丈夫。きっと大丈夫。いつか自分も見つけるだろう。君の隣に。

今日の本49(カエルの楽園)

2020年9月26日

おはようございます。昨日はすごい雨でしたね。久々に長靴をはきました。この週末はお天気は回復しそうなので、お出掛け日和になりそうです。たまっているお洗濯物も一気に乾かしてしまいましょう。
今日の本は、百田尚樹さん、カエルの楽園、です。国家の意味を問う一冊。日本が置かれている状況をカエルに置き換えて訴えられている、今まさに読んでほしい本です。
♯百田尚樹 ♯カエルの楽園

「平和とは何か」
「愚かなのは誰か」
アマガエルのソクラテスとロベルトは、自分の国が酷い状況で、もっと暮らしやすい国を探して旅に出ます。長い旅の末、たどり着いたのが「ナパージュ」という国。そこには【三戒】があり、それが国を豊かに守り続けていると信じられています。自分たちがいた国よりもずっと平和で温和なツチガエルたちが住むナパージュは、二人にとって理想の国に見えました。そしてこの国の素晴らしい思想を自国に持って帰って平和な国にしたいと思ったのでした。
【三戒】とは
一、カエルを信じろ
一、カエルと争うな
一、争うための力を持つな
生まれながらに毒腺を持つナパージュに住むツチガエルたちは、生まれるとすぐその毒腺を潰してしまう、ほどの三戒を守る徹底ぶり。過去の過ち。過去に大殺戮をした自分たちは凶暴な面をもっているのだ、だから、毎日世界に謝罪し、毎日三戒を頭に叩き込む。もう二度と過ちを犯さないように。争う力を持つから争いになるのだ。相手を信じて、話し合いで解決しよう。自分から争うことも、攻撃されて争うことも、禁止。相手を信じる。相手がいい人だと信じる、わかりあえるはずだと。そうすれば平和はおのずと訪れる。
かつて南の領域に目を光らせていたナパージュと協定を結んでいたワシがいました。ワシのお蔭で国は平和でいられたのに、それを忘れたナパージュ最高機関に三戒を破る存在としてワシは追い出されることになったのです。その日を境に、南の国境からウシガエルたちが入ってきました。それを見て危険を感じた国の中で一番大柄なツチガエルの三兄弟が、国を守るためにウシガエルの侵入を未然に阻止しました。本来なら褒められていいはずの行為。だが三戒を破ったということで、国家の最高機関の決定で、一人は死刑にされ、二人は目を潰され手をちぎられた。もう争うことができないようにと。
きっとウシガエルはたまたま新しい土地が珍しくて、そこに数日滞在しているだけなんだ、飽きたらすぐに帰ってくれるだろう、と楽観視するナパージュ。気が済んだら出て行ってくださいね、と説得してもいつまでも帰らないウシガエルたち。そうしているうちに、ウシガエルが次々と入ってきてしまう。まぁ、少しくらいの土地ならウシガエルにあげればよいじゃないかと、土地を進呈してしまうナパージュ。最高機関は何度も何度もウシガエルと話し合いを続けました。でも相手の要求を呑むばかりで、相手はこちらの要求を一向にくんではくれなかった。あるものは食べられ、あるものは慰み者にされ、あるものは奴隷にされた。そんな状態になってでも三戒は守るべきだと、自ら争わなかったツチガエルたちは滅びていったのです。法律にがんじがらめにされ、洗脳され、きっと平和がまたやってくると、最後まで国を信じたものたちの最後。それが正しいんだと思いながら滅びていく様は、とても悲しい状況です。

ナパージュは「Napaj」、逆に読むと「Japan」。ナパージュを脅かすウシガエルは中国、ナパージュの国境に目を光らせていたワシはアメリカ合衆国、大きくて力のあるツチガエルの三兄弟は「陸海空自衛隊」、といったところでしょうか。【三戒】は日本国憲法の前文と九条二項でしょう。過去の大殺戮は世界大戦のことでしょう。
他力本願、無責任主義、平和主義。まさに平和ボケ。平和でありさえすれば、戦争や紛争がなければ、奴隷の平和であってもよいと心から望んでしまうほどの国民性。長年洗脳されるとそういう事態に陥ります。中には冷静な者もいて、そくささと国を捨てる者もいるでしょう。ただ残った者たちは平和を信じて相手を信じて、話し合いですべて解決するはずだと信じている。相手を信じてさえいれば、攻撃などされるはずがないと信じている。そこまで世界は甘くはない。戦争はすべきではないけれども、自衛はすべきでしょう。国を守る最低限の力は必要です。お人よしのままでは、国は略奪され、人は追いやられ、滅びてしまう。
この本を読んでいて、日本人の国民性の奥深いところを見たような気がしました。誠実さ、謙虚さ、それは美徳です。が、それだけではやっていけないことを忘れてはいけないなと思いました。

同じジャンルの本は書かないといわれていた、百田尚樹さんですが、このカエルの楽園は2020バージョンが発売されています。続編で恐ろしい病気のことがお話に組み込まれています。隣国で恐ろしい病気がでても、隣の国のことだし、この国は大丈夫とのほほんと過ごす・・・さてカエルたちの末路は??この機会に是非。

六甲山牧場に行ってきました。

2020年9月25日

シルバーウィークいかがお過ごしでしたでしょうか?関西はGotoキャンペーンの影響からか、連休は例年の二倍の人出だったそうです。空いているとこでどこか行きたいなぁ。。と思い、六甲山牧場なら広いし空いてるかも、と思っていったのが甘かったです。駐車場に入るだけで一時間もかかりました。もうぐったり。でも子供は元気ですね。ひつじさんを見るとテンション上がったようで、疲れもどこへやら。
本日はすごい雨ですが、この日はものすごい快晴。気候も良く、お出掛け日和でした。

ひつじを見つけると、さっそく、ひつじさんをあちこち誘導して遊んでいました。気分は羊飼いですかね。

もふもふなのが気に入って、ひつじに乗ろうとしてました。よっぽど気に入ったようで、またひつじさんに会いに来るからねと、ひつじと約束していました。

★★お彼岸★★

2020年9月24日

【2020年(令和2年)秋のお彼岸(秋彼岸)の時期】
お彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。
彼岸入り・・・・・9月19日(土)
中日(秋分の日) ・・9月22日(火)
彼岸明け ・・・・・9月25日(金)
秋分の日は時期的には、二十四節気のひとつ「秋分」のなかの一日です。秋の訪れを感じる「白露」、晩秋から初冬にかけての「寒露」の間の期間にあたり、秋らしさを楽しむのに適した日といえます。

【彼岸花・曼珠沙華(ヒガンバナ)】
秋の彼岸の時期に花が咲くことから「彼岸花」と呼ばれます。名所と呼ばれる場所も多く存在し、沢山咲いている様は圧巻です。

【おはぎとぼたもちの違い】
お彼岸用のお供えの定番のお菓子ですね。「おはぎ」や「ぼたもち」など呼び方がいくつかありますが、春は「ぼたもち」という呼び名が一般的です。それは牡丹(ボタン)の花が咲く季節であり、牡丹の花の型取っているといわれているからです。秋は秋の草花である「萩(はぎ)」から名前を付けられています。諸説ありますが、農作業が始まる春の彼岸にぼたもちを作り、収穫の時期に当たる秋の彼岸におはぎを作ることで、神様に感謝していたとも言われています。

★★9/21は敬老の日です★★

2020年9月19日

シルバーウィーク始まりました。みなさんどうお過ごしでしょうか?今日はカラっと晴れて綺麗な秋晴れです。気持ちも明るしてくれそうな空模様ですね。
さて、シルバーウィーク中にある敬老の日があります。大好きなおじいちゃま、おばあちゃまに感謝の気持ちを届ける“敬老の日”です。この連休中におばあちゃまおじいちゃまに会いに行くのもいいですね♬
今までは9月15日が敬老の日でしたが、現在は2000年(平成12)から導入されたハッピーマンデー法で、9月の第三月曜日に変更となり、今年は9月21日(月・祝)が敬老の日となります。敬老の日は、もともと「としよりの日」という名前で昭和29年に制定されましたが、もっといい呼び方にしようということで、昭和39年に「敬老の日」と改められました。そして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、“老人を敬愛し長寿を祝う”として、国民の祝日となりました。

「敬老の日」の由来はいろいろありますが、有力な説は2つあります。

まずひとつは、聖徳太子の説です。聖徳太子が大阪に四天王寺を建てた時、ここに四天王の名前に合わせて、敬田院・ 悲田院・施薬院・療病院の四箇院を設置したといわれています。その内の悲田院というのが、今でいうところの老人ホームで、この悲田院が誕生したのが9月15日であったため、この日が選ばれたということです。

ふたつめは、元正天皇の説です。元正天皇が717年に「万病を癒す薬の滝」といわれていた岐阜県の養老の滝へ行幸し、「醴泉は、美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め、養老元年と為すべし」と告げて、年号を「養老」に改元した故事にちなむというものです。

お年寄りを大切にする心は、今も昔も変わっていないことを教えてくれます。目まぐるしい現代においては、敬老の日は立ち止まって思いやりの心を取り戻す日であるかもしれませんね。

★★シルバーウィーク★★

2020年9月18日

さて、明日から四連休ですね。シルバーウィークで、お出かけされる方も多いのでは?GoToキャンペーンで普段は泊まれない高級宿に泊まられる方も多いそうですよ。

もう秋です。豊饒の季節。果物がおいしい季節ですね、味覚狩りなど行きたいなぁ・・・と思います。

ブドウ狩りもいいですねぇ。シャインマスカット、いっぺん食べてみたいです。

秋と言えば、真っ赤なリンゴ。最近は種類がたくさんあって、味わいも多種多様になってきました。
この秋に、自分のお気に入りの果物が見つかるといいですね。

イベントも盛りだくさんのシルバーウィークを楽しんでください!!

今日の本48(祝★ドラマ化★極主夫道)

2020年9月17日

おはようございます。今日明日とお天気が崩れるようなので、お出かけの際は傘を忘れずに。
今日はいつもと違って漫画を紹介。次クールにドラマ化される、おおのこうすけさん、極主夫道、です。
『極主夫道』はおおのこうすけによる日本の漫画。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザが、結婚を機に、足を洗い専業主夫に。その日常を描いたハートフルコメディ。 2018年2月23日からウェブコミックサイト『くらげバンチ』に短期連載されたのち、同年5月18日から本連載を開始。 2020年10月11日から玉木宏さん主演でテレビドラマ化されます。


コミック五巻まで出てます。コミックの宣伝用のPVがとても良い出来で、声優の津田健次郎さん、が出演されています。

渋い声が良いですねぇ。さすが声優さんです。ファンの方にははまり役すぎるので、ぜひ津田さんで、という声も多いようですが、玉木さんも似合っていると思いますよ。

★★十五夜・お月見★★

2020年9月15日

おはようございます。昨夜は涼しくて、寒いくらいでしたね。長袖がいるなぁ・・・と、布団を頭までかぶって寝てました。季節の変わり目なので、体調を崩されないようにしてくださいね。
中秋の名月、といわれる時期になってきました。十五夜ですね。今日はその由来を少しお話しようかなと思います。季節の行事を楽しんで、お家時間を楽しめれば、と思います。
【十五夜の由来】
十五夜は、旧暦の8月15日(新暦の9月中旬~下旬頃)に行われる行事。「中秋の名月」「観月祭」などとも呼ばれる十五夜のお月見は、中国の「中秋節」の祭りが日本に伝わり、元々日本にあった信仰と融合した行事です。
日本人は昔から、月を見ては昔の人を偲びました。旧暦8月15日の満月の頃は、1年の中でもすっきりとみずみずしい月が姿を現します。クリアに見える月の向こうに「あの世」を強く感じ、満月の日には、愛しい人・親しい人を向こうの世界に引っ張って行かれないように、お供え物をして祈っていました。そうすることによって、その年に亡くなられた方やご先祖様たちが食べ物に困ることもなく、また秋の収穫も無事迎えられるという信仰があったのだそうですよ。

ちなみに、中国の中秋節はと言えば、遠く離れた家族や親族がみな集まり、互いに消息を讃え交流するといった、正月に匹敵する大イベントです。この祭で供えられ、食されるものは日本のお団子とは違い「月餅(げっぺい)」という菓子。一人で食べるにはやや大きめのサイズで、真ん中にアヒルのたまごの塩漬けや大きな栗が入っています。二つに割ると、ちょうど月が入っているように見えるといいます。

日本ではお団子をお供え物として飾ったりしますね。この機会に、お子様と一緒に、お家で作ってみてはいかがでえしょうか?

うさぎの形をしたお団子なんかも可愛いですね♬

今日の本47(落下する夕方)

2020年9月12日

おはようございます。昼間はまだまだ暑い日が続いていますが、秋が感じられる時間も増えてきました。この週末はすこし雲が広がるようですが、お家時間を家族で楽しみましょう。
今日の本は、江國香織さん、落下する夕方、です。落下する夕方は、一人の女性がゆっくりゆっくり時間をかけて失恋していく物語です。
♯江國香織 ♯落下する夕方 ♯映画化

同棲していた彼が突然家を出た。好きな人ができたんだと言ってあっという間だった。それと入れ替わるように家に押しかけてきたのは、彼が好きになった彼女:華子だった。なぜか華子と暮らす羽目になった自分。
「帰る場所がなかったの」
華子の言葉には余分なものが一切くっついていない。どのくらい寂しく響いたか、はっきりとわかったから、出て行けと言えなかった。一緒に暮らすうちに、華子の不思議な魅力に取りつかれていく自分がいた。
華子は綺麗だった。透明で子供っぽくてつかみどころがない。華子がいると、物が奇妙に息づいてしまう。壁もテレビも鉢植えも、何もかもゆるゆると生気を放つのだ。それで部屋の中がジャングルのような微熱を持つ。華子自身はいつもごろごろと眠ってばかりいて、およそ生気とは縁のない様子の人だから、とても奇妙なことだった。
自由奔放な華子。彼女を誰もが好きになる。そして誰もが振り回され、ゆるゆると壊れていく。自分だけのものには絶対にならない存在。でも手に入れたい存在。憎いのに憎み切れない存在。華子に悪気はない、彼女に心を奪われた者は皆、口をそろえてそういう。
「帰る場所がなかったの」
答えを求めてあちこち放浪する華子。今でも帰る場所がないというのだろうか。彼女はどこへ行きたいのか。彼女は幸せなのだろうか。彼女に恋い焦がれた人たちは、彼女を心底心配し、最期には自分を選んでほしいと切望する。華子の行きつく場所はいったいどこなのだろうか。

華子役は菅野美穂さん。読んだ後にキャストを見ると、イメージにぴったり、と思いました。つかみどころのないフワフワした存在。華子をいかに演じるかが重要になってきます。この物語のキーマンはやっぱり華子。彼女なくしてこの物語は成立しません。

カレンダー

9月 2020
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ