LFORT BLOG

今日の本45(物語のおわり)

2020年8月29日

おはようございます。今日明日は猛暑日です。熱中症に特に気を付けましょう。家の中でも熱中症になりますので、こまめに水分補給等してくださいね。

今日の本は、湊かなえ、物語のおわり、です。短い小説の書かれた原稿【空の彼方】が、人から人へとリレーされていく物語です。受け取った人物は物語の続きを自分なりに想像し、旅先で出会った見知らぬ人に原稿を渡していきます。原稿の行きつく先はどこでしょうか?
♯湊かなえ ♯物語のおわり

【空の彼方:おわりのない物語】
「主人公、絵美は山間の小さな町に住んでいる。パン屋さんを営む両親は一年中休みなく働いているため、絵美は町から出たことがなく、日々、山の向こうの世界に想像を膨らませていた。あるとき絵美は転校生の道代から小説を書くことを勧められる。絵美の書いた物語を道代はおもしろいと読んでくれるが、小さな町で生きる絵美は自分が小説家になれるなどとは夢にも思っていなかった。やがて、道代が転校することになり、絵美は横溝正史の本を三冊受け取る。絵美と推理小説の出会い、そして、ハムさんとの出会いだった。絵美はハムさんとの遠距離恋愛中、推理小説を書いて送っていた。それを松木流星の弟子になったという道代にも送ったところ、松木が絵美の才能を認めており、弟子になるために東京に出てこないかと言っている、という手紙が返ってきた。天にも昇る思いだったが、絵美はすでにハムさんと婚約している身だった。三年時間をください、とハムさんに頼む絵美。しかし、ハムさんの理解を得ることはできなかった。絵美の両親でさえ、ハムさんの味方だ。しかし、空の彼方の世界を見てみたいという思いが溢れ出した絵美は、誰にも内緒で駅へ向かう。そこには、ハムさんの姿があった」物語はここで終わる。
この物語に続きはない。【空の彼方】は、旅先で人から人へと渡っていきます。受け取った人が物語を読んで、続きはどうなるのだろうと想像する。おわりのない物語は旅のお供にするにはちょうどいいのかもしれません。あなたなら、どういう結末を描きますか??
北海道を舞台に、原稿のリレーが行われます。たくさんの人がたくさんの答えを出し、どれもその人にとっての正解なのだろうと思います。誰もがすぐに答えを見つけたわけではありません。悩み、自分と重ね合わせて答えを出す。十人いれば十の答えがある。自分だけの答えを見つけたいと思える物語です。
物語を読んだ何人かの出した答えはこんな感じでした。あなたはどれに共感できますか?
●フェリーに乗った一人旅のご婦人:自分が主人公なら夢を叶えるチャンスを逃したくない、自分にはリスクを負ってでも叶えたい夢があるから。
●カメラマンの夢をあきらめた男性:夢を叶えることを家族に理解されないのは自分も主人公も同じだ。だから本当は物語の結末が知りたかったが、肝心な部分の回答がない。夢を叶えて欲しいと思うが、読む限り主人公には覚悟が足りず叶いそうにもない。挫折しても泣いて帰れる場所があったら帰ればいい。夢を諦める理由ができて、どこか安堵していた自分がいたのを感じていたから。
●自転車で旅する少女:作家志望なのが主人公と同じだが、就職先はテレビ局。主人公が本気で物語を作りたいのなら、そのまま突き進めばいいのにと思う。自分もフィールドが違っても面白い話を作る人になると決めたから。
●旅するライダーで娘の進路で悩む父親:娘が大成するかもわからない芸術の世界に、なぜリスクを負ってまで進みたがるのか全く理解ができない。夢を叶えるために必要な努力とはなんなのか。リミットをきちんと設けるのか。夢を叶えるために、何を守り、何を失う覚悟ができているのか。物語を読み、続きを考え、娘が質問に全部答えられたのなら、笑顔で全力で応援しようと思った。

今日の本44(ジュリエットの悲鳴)

2020年8月28日

おはようございます。昨日の雨で今日は少し気温が下がりましたね。朝は過ごしやすいかなと感じました。
今日の本は、有栖川有栖さん、ジュリエットの悲鳴、です。12編からなる短編集です。
♯有栖川有栖 ♯ジュリエットの悲鳴

12編のショートショート。一話30ページ前後でお話が完結する。これはすごい。登場人物の紹介、話の設定の説明、そこからのミステリー、そしてちゃんとオチがある。一話が短いので、長編のような派手な展開はないものの、ジャンルはホラーではないですが、読み終わったあと、ぞわぞわっとするお話が多いです。
題名のジュリエットの悲鳴は最終話。ロミオとジュリエットのお話がちゃんと背景にあります。
短い文章でこれだけ見せられるのは有栖川有栖さんならではではないでしょうか。
通勤通学の合間に、家事の合間に、隙間時間に読めてしまうので、短編集おすすめです。

今日の本43(俺俺)

2020年8月27日

おはようございます。朝と夕方はすこし熱風が柔らかになってきましたね。秋の気配が少しは感じられるようになってきたでしょうか?まだまだ暑いよ、という声も聞こえてきそうですが。梅雨が長かったので夏が待ち遠しかったですが、今は秋が待ち遠しいです。
今日の本は、星野智幸さん、俺俺、亀梨和也さん主演で映画化もされている一冊です。
♯俺俺 ♯亀梨和也

偶然拾った携帯電話で、オレオレ詐欺を面白半分でやったことから物語は始まる。
自分が自分であるという現実、それは何によって誰によって保障されているのだろうか。今や世界中が他社とのつながりを求めている。
ひとりは嫌だ。つながっていたい。自分の悲しみはあなたの悲しみで、自分の喜びはあなたの喜びになる世界。その快感を求めて、日々世界中に発信し続ける。
匿名世界。ここでは皆が同じランクでいられる。同一化というぬるま湯のユートピアだ。誰もが誰もになり得る世界。誰にでもなれる。自他との区別がつかなくなり、それとともに自己が氷解していく。あまりの心地よさに、ずぶずぶと沈み込む。沈み込みすぎると、もう浮き上がってくることはできない。
俺俺俺俺俺俺。
気がつけば周りは俺だらけだった。
最初は良かったんだ。
何も言わなくても自分のすべてを理解してくれる存在ばかり。気を使わなくていい、だって俺らは俺だから。なんて楽なんだ。なんて楽しいんだ。いいことばかりだった。
でも色んな俺に会うにつれ、俺らの中には嫌な奴もいた。でもそいつも俺自身なんだ。俺のダークな部分を目の前で見せつけられる。鏡のように。許せる自分と、許せない自分。自分の中にはそれが共存しているのが普通だ。だけど、、、許せない自分だけでできている俺、、、耐えられなくなり、俺ら同士で削除が始まる。自分に追われ、自分に怯えて逃げ回る。想像しただけでもずいぶん怖い。いや、めちゃめちゃ怖い状況。
俺はいったい誰なんだ?「本当の俺」は、俺らの中の誰なんだ?俺は俺じゃないのか???
行き当たりばったりで無意味で内容のない会話。その場を取り繕うだけの会話。そんな虚ろな言葉をベースにした人間関係なんて、いつでも割れてしまう薄い氷のようだ。そんな絆しか作れない、作ってこなかった、その結果が俺俺の世界。ハマりすぎると、最後には自分自身までも信じられなくなる。
俺俺の世界はリアルに起こり得る。決して他人事ではない。忘れてはいけない、自分がだれかってことを。忘れてはいけない、誰にも代えられない唯一無二の存在だってことを。信じることを。
忘れたころに俺俺の世界はやってくる。出番は今かと待ち受けている。

映画化もされています。亀梨和也さんが演じる33人の俺。コミカルに思えて、かなり怖いです。

今日の本42(フロム・ミー・トゥ・ユー:東京バンドワゴンシリーズ第8弾)

2020年8月25日

おはようございます。今朝は少し暑さがマシだったような気がしますが、お昼に近づくにつれ、暑くなってきました。まだまだ猛暑は続きそうです。晴れの日が続いていますが、雨が降ると少し気温も下がるので、短時間でもいいので雨が降ってほしいなぁ…と思います。
今日の本は、小路幸也さん、東京バンドワゴンシリーズ、フロム・ミー・トゥ・ユー、です。豪華キャストでドラマ化もされています。原作は知らなくても、ドラマは知ってるよ、という方もいらっしゃるかな?古き良き下町情緒あふれる、ある古書店のお話です。
♯東京バンドワゴン ♯フロム・ミー・トゥ・ユー ♯

ご縁あって、家族。
お久しぶりの東京バンドワゴンです。シリーズとしては8作目となります「東京バンドワゴン」シリーズの知られざる過去のエピソードが明かされる全11話の短編集です。堀田家のメンバーの裏話や出会いなどがいっぱい詰まった一冊です。
築70年の年季の入った古書店「東京バンドワゴン」。そこには4世代の堀田家がワイワイと賑やかに暮らしています。下町情緒あふれる雰囲気が大好きです。
変わらないもの変わっちゃ困るものを守って、変わらないと駄目なものをきちんと変える。それができているのはどれだけの人がいるでしょうか?
昔の古き良きこと、作品を通してしか知りません。その時代に生きていなかった、誰にも教わったこともないから、作品を読んで想像するだけ。あっているかどうかも正直分からない…でも…。
それでも心にぽっと灯がともって、ぽかぽかしてくる。私を丸ごと包み込んでくれる。大丈夫だよ、ここに居ていいよって、何も聞かずに受け入れてくれる。
心が病んだとき、ガナトさんの「LOVEだねぇ」という声が聞きたくなって、紺ちゃんの作務衣姿の優しい姿に会いたくなって、たまに訪れる。そんな場所が東京バンドワゴンです。

一作目がドラマ化されています。主演は亀梨和也さん。次男坊の青役です。

ロケ地の東京バンドワゴンのお店。セットでないところが凄いですね。

今日の本41(疾風ロンド)

2020年8月21日

おはようございます。今日も猛暑です。すこし日向に出ただけで汗がでてくるので、外でお仕事されている方、熱中症にご注意ください。こまめに水分補給と休憩を入れてくださいね。
今日の本は、映画化もされた、東野圭吾さん、疾風ロンド、です。ある研究所の主任研究員役として阿部寛さん主演のスキー場が舞台のお話です。
#疾風ロンド #東野圭吾

「スキーが上手になるにはね、綺麗なフォームの人の後ろを滑るのが一番なんだよ」
人生もそうなのかな、そう思える台詞。親の背を見て子は育つ。大人の事情、子供の理想、親の勝手な思い込み、子供が本当に欲しいもの。親子であっても一個人同士であり、きちんと話しあわなければ理解しあえるわけがない。親が上から決めつける、それは一番やっちゃいけないことだと、思いしらされます。特に思春期の子どもたちは大人の動向にとても敏感です。お話も主人公の息子は中学生、大人びたところもあり、子どもらしさも残る、自己を探索する時期です。親の情けないところ、間違っているところが許せない。「大人の事情」というものもありますが、それは子どもには通用しないところもあります。ぶつかり合い喧嘩することもあるでしょう。でも自分は大人、子どもは持論を出すとひっこめることがなかなか難しい時期でもあります。大人の自分から一歩引いてあげるべきで、後ろをついてくる子供に、綺麗なフォームを見せれる大人になりたい、素直にそう思えました。それと、子どもから学ぶことは意外に多い、そう痛感させられました。子から学べることがあれば素直に吸収したいとも思えるお話です。
【お話の概要】
ある研究所から、拡散すれば人々を大量死に陥れる威力をもつ生物兵器K-55が盗まれた!日本随一のスキー場に埋めたという犯人からの要求額はなんと三億!!埋めた場所の目印はテディベア!?しかし肝心の犯人は交渉後すぐ交通事故で死んでしまう。三億払わなくて良くなった…のはいいけれど、ほっておけば雪が解け、瓶が割れ、拡散して大勢の人が死ぬ。研究所から盗まれたことを隠し通すため、手掛かりがテディベアだけのK-55を探すのを命じられたのは、主人公である研究所の主任研究員。猶予はたったの四日間。果たして期限内に見つけることができるのか!?主人公は中学生の息子の信頼を取り戻すことができるのか!?
前作「白銀ジャック」から出ている雪山パトロール隊根津とスノーボーダー千晶もテディベア探しに参戦。とどめ色の帽子の男がK-55を横取りに現れ、雪山を滑走しながらの「SNOW WARS!」が繰り広げられたりと、最初から最後までスピード感あふれる一冊です。

映画化もされているので、そちらは見たよ、という方もいらっしゃるかな。たくさんある木々の間を縫ってスキーヤーをスノボで追いかけるシーンは、すごいテクニック。ぶつかりそうでぶつからない。スピード感が半端なくスリル満点です。親子愛で涙したり、一方笑ってしまうシーンも多い、楽しい映画ですよ。

今日の本40(こうふくのあかの)

2020年8月20日

おはようございます。今日は風もなく、暑さが一層感じられますね。水分補給しっかりしてくださいね。小学校へ通う子供たちは元気いっぱいです。見ていると頑張らないとなぁと思うほどパワーがありますね。自宅にいることが多いかと思いますが、運動不足にならないように、涼しい時間帯に軽い散歩などなさってください。
今日の本は、西加奈子さん、こうふくのあかの、です。仕事のできるプライド高めな既婚男性のお話です。
♯こうふくのあかの ♯西加奈子

39歳のサラリーマンが主人公。
自分で言うのもなんだが、俺は、仕事も順風満帆、部下からも慕われる完璧な人気者の上司である。従順で穏やかな美人の妻を持ち、何か足りない・・・と言われれば、子供がいないことだ。結婚生活が長くなるにつれ、妻の野暮ったいファッションや面白みのない会話や少々馬鹿なところが目につき始めたのがケチの付け所だったのかもしれない。そういうのは往々にしてあることだ、気にすることもない、逆に仕事が忙しい間に自分が火遊びすることすら思いもつかない凡庸な妻だから安心しきっていた。
なのに・・・・。
「私、妊娠しました…子供は悪くありません…産もうと思います」
と突然妻に言われ、俺は盛大にコケ、狼狽し、思考停止になった。冷戦沈着で完璧なはずの俺が、どーしてここまで動揺したのか。妻とはもう三年も何もなかったからである。
嫉妬なんて馬鹿げていて無益なものはない、常々そう思ってきた。「俺はお前の不貞などきにもしないうえ、その子を産むことを許し、かつ、自分が父親になろうとしている、この、心の、余裕を、人間の、大きさを、見よ!!」と、これ以上惨めにならないためにアピールしている、という、それも屈辱だ。
妻はただ自分に触れてほしかった、ただただ猛烈に愛しているのに俺が触れてくれないのに鬱々とし、ただただ欲しかっただけだったのだ。旅行先のバリ島で、誰とも知れない奴にヤラれた。でも心の底ではそうされることを女としてずっと望んでいた、相手が違っただけだった。
俺は妻を許せるのか?…。
女性の立場と男性の立場から見ると、ずいぶん違うお話に見えるだろう。
仕事ができたかもしれないけれど、養ってやってる自分がいなければ生きていないと思っている、高慢な男。
それでも愛し続けそばに居続けた、従順な女。
「大切なもの」から、「ただ居る」存在になってしまったときに、言い合になってでも、一緒にキチンと向き合うべきだったのかもしれない。その時はお互いツライかもしれない。でも本心をぶつけ合えないのでは絆はうまれない。
結末は、どうしようもなく壊れて崩れていってしまうのか…と思ったが、何かが、二人を、守ったのだろう。「キッカケ」があったおかげで、惰性的な生活を続けていくよりも、二人はずっと幸せになれたのかもしれない。
気がつくのが遅かった、もっと考えるべきだった、と後悔して足が止まるのであれば、歩みは遅くとも今からまた同じ方向を見て二人で一緒に歩きだすほうが良い結果を生みだすのだろう。
自分自身で過ちに気がついたのなら、自分を褒めよう。
褒めたら次に態度を改めよう。
相手を慈しみ、これまで以上に大切にしよう。
長い人生だから。
許すことも大事なのだろう。
それがたとえ難しいことであっても。
夫婦のありようを考えさせられる一冊です。

★夏休み終わりました★

2020年8月18日

おはようございます。夏休み終わっちゃいましたね。短かったですが、課題や宿題に追われた学生さんも多かったのでは?夏休みの宿題は、先に済ませて遊ぶ派と、遊び倒して最後の数日で宿題をやる派に分かれていたのを思い出しました。読書感想文が苦手だったのを覚えています。分厚い本だと、最初と解説だけ読んで、やっつけ仕事で終わらせた時もあったなぁ…と(笑)昔は文学の本が苦手で活字を読むだけで眠くなる派でした。なので国語は壊滅的だった記憶が。おうちで宿題をきっちりやった子も、ぎりぎりだった子も、学校が始まりまた一緒に頑張れる環境になり、切磋琢磨して頑張っていきましょう。

★バーチャル花火大会★

2020年8月11日

おはようございます。今年は花火大会がないのが残念ですね。家の前で手持ち花火で楽しむのも一興ですね。花火大会がないということで、映画館が花火大会を開催するとのことです。
体験型観賞などで映画ファンを魅了する「塚口サンサン劇場」(兵庫県尼崎市)。8月22日・23日に、花火大会の映像を鑑賞する『花火サラウンド 塚口流で愉しむ日本屈指の花火大会』が、2日間限定で開催されます。コロナ禍で全国の花火大会が中止になるなか、上映会を企画した映画営業部の戸村文彦さんは、「花火大会のない夏は寂しいので、少しでも明るい話題を映画館から発信できればと思いました」と話す。

内容は、日本3大花火大会をはじめ、芸術性や人気の高い5大会を加えた計8大会の見どころを集めた作品で、同劇場による音響調整を施した特別音響で上映。戸村さんは「現地にいるような迫力と臨場感を体感していただけると思います。お客様にはぜひ浴衣を着て、いつもの花火大会に行く感覚でお越しいただければ」と、今夏ならではの思い出作りを呼びかけいます。
上映は2日間限定で、オンライン販売は各日前日の午前0時から(窓口販売は各日前日の劇場オープン時より開始)。上映時間、料金は後日公式サイトで発表される。定員は78席(感染予防対策により1席空けて販売)。上映作品は『花火サラウンド フルハイビジョンで愉しむ日本屈指の花火大会』です。

来年は浴衣を着て花火大会に出かけたいですね。
楽しいお盆休みをお過ごしください。

★★★お盆です★★★

2020年8月8日

おはようございます。今日からお盆休みの方も多いのではないでしょうか?外出自粛で帰省を今年はあきらめざるを得ない方もいらっしゃるかと思います。せっかくの連休ですが、何をしようか、どこへ行こうか、すごく悩みますね。お墓参りは行きたいなぁ…と思うのですが、少し遠い…どうしよう…と悩みます。大切な人と大事な時間を過ごすのがどれだけ貴重な時間なのか、外出自粛で思い知らされました。
お墓参り、今年は行けなくても、きっと大切な人を想うことで、場所は関係なく、きっと想いは届くだろうと思います。

★★★今日は立秋です★★★

2020年8月7日

おはようございます。まだまだ暑いですが、暦では立秋です。立秋を表す言葉をいくつかご紹介いたします。秋の入口、昔からいろいろな表現で季節を表現されてきたのだな、と四季のある日本ならでは、ですね。

●「はじめて秋の気立つがゆへなればなり」
秋の気立つは、秋の気が立つで「秋の気配が現れてくる」という意味。暦便覧では、立秋を初めて秋の気配が現れてくる日と表しています。
まだまだ暑い日は続くけれど、朝晩の空気がなんだか変わってきたとか、今日の風はいつもと違うような気がするという風に、ほんのちょっとしたところに、秋の気配を感じることが出来る日を迎えたということです。
●「涼風至(すずかぜいたる)」※「りょうふういたる」とも読まれます。
涼しい風が吹き始める季節を表しています。
●「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」※「かんぜんなく」とも読まれます。
蜩ひぐらしが、鳴き始める季節を表しています。日暮れが迫る頃、カナカナ・・・という蝉の声を聞いたことはありませんか?それが、蜩の鳴き声です。涼し気でもあり、どことなく哀愁を帯びた鳴き声が、夏の終わりを感じさせてくれます。
●「蒙霧升降(ふかききりまとう)」※「もうむしょうこう」とも読みます。
深い霧が、まとわりつくように立ち込める季節を表しています。

暑い日が続きますが、お身体にお気を付け下さいませ。

カレンダー

8月 2020
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ