LFORT BLOG

今日の本24(その可能性はすでに考えた)

2020年5月29日

おはようございます。日差しが強いですね。外に出るときは帽子をかぶるか、日傘をさしましょう。熱中症は軽く見てはいけません。自身も熱中症で入院したことがございますので。お部屋の中でも熱中症は起こります。水分補給は早めに、早めに、です。
今日の本は、井上真偽さん、その可能性はすでに考えたです。探偵が早すぎる、というドラマが以前やっていたんですが、その作家さんです。タイトルが奇抜で珍妙。ミステリーの新しい切り口をみせてくれる作家さんです。
#その可能性はすでに考えた #井上真偽 #講談社文庫 #探偵が早すぎる #ドラマ化

「人智の及ぶあらゆる可能性をすべて否定できれば、それは奇蹟と言える」そう宣う探偵の名は、上笠丞(うえおろじょう)。奇蹟現象の発見に情熱を燃やす変わった探偵だ。容姿端麗、髪の毛はブルー、加えて瞳は右は翡翠、左はターコイズブルーのオッドアイ、無駄な知識を溜め込んでいて色んな分野に精通していて博識だが、服装は超へんてこりんで、正直ちょっと変な人にしか見えない。自分だったら事務所をくぐって、すぐ回れ右して帰るであろう(笑)
ある日、一人の女性が不可能と思える犯罪を立証してほしいと依頼があった。十年以上も前の事件で生き残りは彼女だけ。証拠も少なく彼女の記憶が一部飛んでいるというおまけ付き。
彼のスタイルは、全ての可能性を列挙し否定していき、最後に残る可能性があるか考察するというスタイル。彼女に渡した報告書も何百ページにも渡る膨大なものだった。説明だけで何日もかかりそうな報告書で、依頼人もびっくりだろう。
一風変わった彼の推理スタイルを嫌う人間もいる。推理をするたびに、「考え漏れ」があるんじゃないかとわざわざ推理合戦に参戦するものもいるほどだ。参戦するほうは、可能性を提示すればいいだけで、その可能性が完全に否定できばければ探偵の負け。ほんの少しでも可能性のあるトンデモ推理を引っさげて次々とやってくる。完全なるハンディ戦。しかし挑戦者の推理披露後、探偵の放つ言葉は、「その可能性はすでに考えた、報告書の三百九十ページを見給え」と本当にありとあらゆる可能性を報告書に列挙しているのだ。
ミステリーでまだこういう切り口があったのか。驚いてしまった。
バチカンのローマ教皇庁には、信者の報告した「奇蹟現象」の真偽を審査する「列聖省」という部門がある。そこで「奇蹟」が認定されたときに使われる伝統的な表現が「超自然と確認された」。あらゆる自然、あらゆる人為による可能性を否定できれば、それはすなわち超自然、奇蹟ということになる。
バチカンの職員でもなく、それと同じことを行う一般の探偵。彼がなぜ奇蹟を追い求めるのか。そこまでこだわる理由とはなんなのか。「多重解決」ミステリを一読味わってみてはいかが?


ドラマ化された、探偵が早すぎる、面白かったです。
#滝藤賢一 千曲川光役
#広瀬アリス 十川一華役
#水野美紀 橋田政子役
犯罪が起こる前に推理して止めてしまうなんて、そんな探偵規格外でしょう。うえおろさんも十分規格外ですが。珍妙なタイトルにも引き込まれに考えますね。

今日の本23(十二人の死にたい子どもたち)

2020年5月28日

おはようございます。今日も夏日です。子供たちが元気に学校に行く風景はとても心地よいですね。でも、これは当たり前じゃないんだなと、痛感しました。失ってからわかるもの。日常が崩れて初めて、日常が幸福であることがわかる。人間って難儀な生き物ですね。これから先の日常を幸福をかみしめて生きていきたいなと、頑張っていきましょう!!
今日の本は、沖方丁さんの、十二人の死にたい子どもたちです。映画化もされてますし、少し前に地上波でも流れていたのでご存じのかたいらっしゃるかと思います。原作は映画よりも、心の葛藤が細かく丁寧に描かれています。映画にないシーンもあります。映画は人間の表情を見ることができ、映画のシーンから本当の苦しみを少し理解できるかもしれません。どちらもいいとこがありますね。
#十二人の死にたい子どもたち #沖方丁 #文春文庫 #映画化

あるサイトで集いの呼びかけに応じた十二人の子どもたち。指定された廃病院に眠りにつくために集まった。それぞれの事情で世間を憂い、この世を去りたいと思っていた。皆で安らかに眠り永遠に目覚めない。それが全員の願いだ。だが、会場には十三人目がいた。招待されていない招かれざる客、しかも先に事をなし眠りについていた。なぜ十三人目がいるのか。誰がこの場に連れてきたのか。誰が殺したのか。
事件を解決しようというもの。十三人目はほうっておいて実行すると主張するもの。言い合いになり、主催者の意向で話し合いで決めようと言うことになる。
十二人の子どもたちのそれぞれの事情。大人を選べない子どもたち。生まれてくることすら選べない子どもたち。勝手に生む無責任な親たち。
生まれてきたくなかった。生まないでほしかった。
どれだけ過酷な生活をしてきたのだろう。
辛い辛い辛い辛い辛い。
助けて助けて助けて助けて助けて。
眠りたい眠りたい眠りたい眠りたい眠りたい。
悲痛な叫びが重なっていく。十二もの叫びが。子どもたちに未来はあるのか。救いはあるのか。
子供を育てる側に立つのならば、子供も個の人間であること、絶対に忘れてはならない。覚悟もないなら子供を作るべきじゃない。
子供は親を選べないのだから。子供は生まれてくることすら選べないのだから。これ以上悲しみに沈む子どもたちを増やしてはならない。

今日の本22(武士道シックスティーン)

2020年5月26日

おはようございます。今日は午後から雨が降りそうです。久々の雨ですが、余計蒸し暑い空気になっているので、熱中症にご注意ください。
今日の本は、誉田哲也さん、武士道シリーズ、です。女子高生の剣道のお話です。映画化もされています。
#誉田哲也 #武士道シリーズ #文春文庫 #武士道シックスティーン #武士道セブンティーン #映画化

女子高生の剣道部のお話。小さい頃から剣道場に通っていた主人公磯山と、日本舞踊から剣道に転向した早苗。正反対の二人。磯山からすると舞踊なんぞやってたなまっちょろい精神で武士道ができるか!といつも喧嘩腰。早苗はおっとりだが心の通った性格でゆっくりだが着実に剣道がうまくなっていく。
互いに良くも悪くも影響し合う二人の対決、決別、再会、そして再びの別れ。
二人が目指す武士道とは。
剣道は突き詰めればスポーツではないと思う。精神を鍛えるものだと思う。
スポーツは審判がいないところで行えばどこで止めてよいかわからず、結果過剰暴力になったり怪我をさせたりしてしまうこともあるかもしれない。
剣道は、どこまでいっても、路上であっても、防具がなくても、心に武士道があれば武道である。暴力に成り下がってもいけないし、暴力に屈してもいけない。武士道は、相手の戦闘能力を奪い、戦いを収める。そこが終着点。きちんと自身で止めることのできるのが武士道だ。
だからこそ子供には剣道を習わせたいし続けてほしいと思う。背中にピンと一本しっかりとした軸をもった人間になってほしいと思った作品でした。

スキップフロアの家!エルフォート♬宝塚市安倉中四丁目完売御礼!!

2020年5月23日

ご好評いただいております、スキップフロアの家!エルフォート、宝塚市安倉中四丁目、完売致しました!!この物件は売れてしまいましたが、まだまだスキップフロアの家はございますので、是非内覧会にご参加ください。
♬外観写真♬

♬真っ白な広々キッチン♬


♬天井の高い・ロフト付き・大容量収納付きの部屋♬

今日の本21(長い廊下がある家)

2020年5月23日

おはようございます。最近はドラマは再放送ばかりですね。面白かった再放送も多いですけれど、前見たなぁ・・と新鮮味が少し欠けてしまうところが残念です。でも、見逃してた!というのがやっていると嬉しいです。
今日の本は、有栖川有栖さん、長い廊下のある家、です。昔やっていたドラマで面白かった!というのを紹介できれば・・・ドラマ化されたシリーズの短編集です。ドラマは見たことある方多いのではないでしょうか?原作も面白いですよ。
#有栖川有栖 #長い廊下がある家 #火村英生の推理 #光文社文庫 #ドラマ化

関西のシャーロック・ホームズ火村教授と作家のワトソン役の有栖川有栖先生のコンビの短編集です。全4話。シリーズを読んだことがない方におすすめです。
火村教授がフィールドワークで警察のアドバイザーとして事件を解き明かす。探偵にありがちな推理は最後まで語らない。そこを埋めるのが有栖。「こうとちゃうか、こんなんはどうや、ああと違うか」と、思いつた推理を披露しては火村に一刀両断される、というのが毎回のパターン。
ただこの短編のうち2話はちょっと異色。
ひとつは有栖の推理が、当たらんやろうと思って、今度書く小説のネタに取材も兼ねて考えてたんが見事に的中してしまって、今月末締切やのに(泣)のネタが空に飛んでいった、こういうときに何でや。と嘆く羽目になるお話。ひとつは火村に命の危機が迫るお話。有栖がどうやって危機を脱したのかを火村に推理しろと言われるお話。
二人の掛け合い漫才はいいですね。有栖のキャラ好きです。火村センセのつれないとこも好きです。ドラマ化される前から好きだったけど、ドラマで火村センセを斎藤工さん、有栖を窪田正孝さんがやってて、はまり役過ぎで、もっと好きになりました。またドラマ化してほしいなぁ。

今日の本20(嘘を愛する女)

2020年5月22日

おはようございます。今日も暑いですね。緊急事態宣言が解除されて、少しホッとしました。でも気を緩めないようにしなければなりませんね。手洗いうがいしっかりしていきましょう。
今日の本は、嘘を愛する女、です。映画化のノベライズ版です。言葉の足りなさ、言葉の重要さ、やさしさの形、をすごく感じた一冊でした。
#嘘を愛する女 #岡部えつ #徳間文庫 #長澤まさみ #高橋一生

映画の書き下ろし小説版です。
キャリアウーマンの主人公は、研究医で優しい恋人桔平と同棲5年目。ある日彼が倒れ意識不明になった日、彼の職業、名前、全部が嘘だったことが判明する。「あなたはいったい誰?」手がかりは彼の書きかけの小説だけ。それを手がかりに本当の彼を探す旅に出る。
最初は騙されたんだ‥裏切られた‥という衝動だった。しかも5年も!!プライドを保つために、彼が誰だか知りたかった、だから必死に彼の過去を探した。知らなくても良かった真実を見つけ全てを失って打ちのめされる。でも彼の書いた小説の最後の章を読んだ‥最後にそこで見つけた一筋の光。優しさから隠す‥という嘘もある‥というのを知る。不器用な彼の愛の形。
ちゃんと話す、でも相手を傷付けたくないから言わないこともある、でもずっと言わないでいることはシンドイ、優しすぎて潰れてしまうこともある、自分が潰れることで余計に相手を傷つけてしまうことも、寄り添って生きていく上で大切なこと、距離感、たくさん考えさせられたお話でした。

今日の本19(明日の子供たち)

2020年5月21日

おはようございます。コロナも落ち着き、ランドセルを背負って学校へ向かう子供たちがちらほら見かけられました。時差登校や日程ずらしての登校など工夫されているようですね。九月入学も五年間かけて変えようという動きもあったりで、いろいろ大変です。大人も大変ですが、子供たちも大変だったりするんです。今日の本は、有川浩さんの、明日の子供たち、です。親には言えない、心の奥にしまいこんでしまっている、子供たちの叫びが、綴られています。実際に施設にいた女の子が有名な作家さんに手紙を出して、児童養護施設の実情を書いて欲しいと頼みできた本です。偏見な目で見がちな施設、読めば180度世界が変わって見えるかもしれません。
#明日の子供たち #有川浩 #幻冬舎文庫

児童養護施設 に転職した慎平、あるドキュメンタリー番組を見て、親でもない赤の他人である先生が結婚するので退職する日に施設の「可哀相な子どもたち」が行かないでと大泣きするシーンに感激したのが転職した理由だ。新米で右も左もわからない中、施設の子供たちとぶつかり合い自分の偏見を認め修正し職員として成長していく物語である。
実際施設にいいたという女の子が、世間の児童養護施設への間違った見解を正したいと思い、有名な作家さんに自分たちの境遇を手紙に書いて出して、それを本に書いてもらえたら、きっと沢山の人に読んで貰え自分たちの本当の思いが沢山の人に届くはずだという思いから、この物語は産まれた。
ちゃんと取材され現場を見たりされたんだろう、リアルに書かれている。
児童養護施設はエンターテイメントのニーズ的に孤児院=天涯孤独可哀相な子供などのイメージが植え付けられている。そういうキャラクターの方が受けたり物語が進めやすいなどがあるのだろう。たくさんの人がこの本を読んで、それを少しでも現実の方へ軌道修正できればいいなと思う。
児童養護施設にいれば、きちんと3食食べれて、温かい布団でゆっくり眠れ、学校にもちゃんと行けて、規則があってもその規則は親の気まぐれでコロコロ変わることはないし、そして何より安全だ。身の安全を精神の安全を確保できる。元いたリアルはそれよりずっとずっとヘビーだ。それ以上何を望む?可哀相?むしろ幸せだろう。
暴力の嵐の中、いつ降りかかるかわからない、息さえできずできうる限り存在を消し、嵐の合間の静寂にひっそりを息をする。生きるため何でもする。子供は親を選べない。「子供は親の所有物」。それが全てだ。生きるすべを持たない子供は親が神に等しい。神に逆らうこと、それは死を意味する。施設に入りたいと切実に思っている子もいるはずだ。捨ててほしいのに親が自分を捨ててくれない、誰かに喋ったら殺される。殴られても泣けばよけいに神経をさかなですることになり更に痛目にあう、だから声も自然とでなくなる。結果近所にも気が付かれない。もちろん保護もしてもらえない。
本当に痛いときは痛すぎて声すら出ないものだ。声が出るならそれは大した傷ではない。
暴力に怯えず普通に平穏に生活できることがどれだけ幸せか、どれだけそれを望んでも、逃げ出したら妹に暴力の矛先が行くから逃げることすら許されない、負のループ。ひたすら感情を殺し二十歳をすぎるまで耐えれば親の育児義務はなくなり所有物ではなくなるからと、時が過ぎるのを待ち続けた二十年。やっと解放された‥でもそのときにはもう本当に泣きたいときに防衛本能からか笑ってしまう癖が抜けなくなった。長すぎた二十年だった。
世間の意識が変わり、ちょっとした躾も虐待と認識される時代になった、それくらいで?ホントびっくりするくらいのことで大騒ぎ。今だったら昔の躾は刑務所行き確実ではないか、ああ、でも時効なのか、証拠もない、本人たちは都合のいいようにきれいさっぱり忘れている、美化された過去が出来上がっている、立証は不可能、悲しすぎる現実だ。
今の時代にモラルのある時代に産まれたかった。二十年、遅く産まれたかった。心からそう思う人も多いだろう。
良かったこともある。ほんとに些細なことで幸せだと思えること。十分満足してしまうこと。雨風を凌ぐ屋根があり壁があり床がある家の中にいることができること、中古でも着る服があり、ありあわせでも飢えることなく毎日食べるものがある。それだけで物凄く贅沢だと思えること。物がありすぎる時代でそう思えることは、幸せなのだろうと思う。

今日のお花(パンジーとビオラの違い)

2020年5月19日

この時期よく見かけるパンジーとビオラ。どちらがどっちかわかりますか?

DSC_3052


DSC_3055


正解はお花の大きいほうがパンジーです。小さいほうがビオラ。どちらも同じスミレ科です。
一般的にお花の大きさが五センチ以上あればパンジーに分類されるそうですよ。そういう違いに着目してみるとお花を見る目も変わるかもしれませんね。

今日の本18(ストレイヤーズクロニクル)

2020年5月19日

おはようございます。今日はジメジメ雨模様です。朝からやむかなと思ったけれど、まだ降ってますね。お昼から晴れるといいですね。
今日の本は、人間の限界を超えた存在のお話です。原作と映画ではだいぶ印象が違うので、両方楽しんでいただけるかと思います。本多孝好さん、ストレイヤーズクロニクルです。映画はわかりやすく、原作は人間の進化を問う、どちらもお勧めです。
#ストレイヤーズクロニクル #本多孝好#映画化 #岡田将生 #染谷将太

極度のストレスを与える、遺伝子を操作する、その2つの違うラインで人間の力を超える能力をもつ子どもたちを作ったのは、興味本位を満たすためだけに実験を行った地位を持つ無責任な大人たちだ。ああ、自分たちは何のために生まれてきたのか。どうしてこんな力を持って生まれてきたのか。力を使うには体を酷使する、だから長く生きられないのに。
自分たちをこんな風にした大人たちを殺していく「アゲハ」。遺伝子操作で生まれた子どもたちだ。施設を自力で抜け出し自分たちのみで生きてきた。生きるために、誰にも頼らず自分たちで道を切り開くグループ。
一方極度のストレスを与えられ生まれた子どもたちは、平和を望み未だに自分たちを作った大人のもとにいて、大人に従う。それは力を使いすぎて起こる「破綻」が起きたときに自分たちを助けてもらうためだ。生き抜くためにその為に魂を売るグループ。
命ありうる限り自らの意思で生きようとする、どうせ死ぬのだと諦め運命を受け入れる。ぶつかり合う2グループ。どちらが強いのか、どちらが正しいのか。大人の興味本位の思いつきで人生を狂わされた子どもたち。最後に待っているものは、希望か絶望か。
戦闘シーンは久々にすごいのを観れた。キャストも豪華です。
#ストレイヤーズクロニクル #本多孝好 #集英社文庫

原作と映画は違いました。映画は不本意ながらも人類を救う。原作は人類に自分たちの存在意義を問う形。映画はわかりやすく、原作は考えさせられる内容でした。原作の方が内容がとても濃いです。
「頭を空にして、目をこらせ。耳を済ませ。気配を感じ取れ。襲ってくる爪をかいくぐって、生き抜いてみせろ。知恵を絞れば、手段は必ずあるはずだ」救われる命など、たぶん、世界のどこにもありはしない。世界にあるのはただ、しぶとく生き抜こうとする無数の命だけだ。
【LAST BEING】最後の生き物。という件名のメール。ファイルを開ける動作でメールの一斉送信というアクションを起こすウィルスメール。世界中に拡散されている。添付されたファイルは人工ウィルスの設計図。ただ肝心なことろはぼかされていて、ウィルスを作るのは難しいけど、ワクチンは作れそうだという。メールの送信者は重篤な自己疾患を引き起こす人工ウィルスのワクチンの作製を勧めている。
ウィルスが存在するかわからないのにワクチンを作れ?馬鹿なと笑う人もいるだろう。だが世界にはそう思わない人もいる。本能的に万が一の時のために作っておこうとアクションを起こす人間もいるはずだ。生き残るために。個体のためだけに生きられる生き物はいない。どんな生き物だって次の世代のために生きるのだから。
メールにこめた人類へのメッセージ。世界から否定され許されなかった自分たちの存在。でもそれでも自分たちは存在していた。自分たちを己の好奇心を満たすためだけに作り出した人間を許すことはできない。だから自分たちは世界を救わない。己の身は己で守ってみせろ。俺たちのように。

今日の本17(猫は抱くもの)

2020年5月15日

おはようございます。今日も暑いです。週末はお天気が崩れそうですね。お洗濯は今日のうちにしておきたいです。
お散歩中ににゃんこを見かけると癒されますね。そんなにゃんこたちの目線はどういったものでしょう?今日の本は、大山淳子さんの、猫は抱くものです。個性豊かな猫たちがでてきて可愛さMaxです。
#猫は抱くもの #大山淳子 #キノブックス

「ねこすて橋」という橋を知っていますか?いえいえ「この橋に猫を捨ててもいいですよ」という意味ではありませんよ。ご安心を。
川の周囲に土蔵がたくさんあって、蔵主は問屋や商店でネズミ対策に猫を飼っていたんですよ。儲けの多いお店は土蔵を西洋式のものに建て替えるので、ネズミの居場所はなくなり猫は要らなくなるのですね。当時羽振りの良いことの象徴として「ねこすて」という言葉がございました。この橋は、蔵主たちが共同出資して架けたもので、商売繁盛を願って縁起の良い名をつけたということなんですよ。
さて、ねこすて橋には猫が自然と集まってくるようです。気が向いたら夜中に集まって集会などもいたしております。さてどんなお話をしているのでしょうか?気になりますね。
良男という名の猫は自分が人間だと2年間も思い込んでいたロシアンブルーで人間の恋人がいたとか、ゴッホという売れない画家と一緒に住んでいたキイロという名の三毛猫はとてもとても大事にされていたとか、17の名を持つ皆が一目置き慕う片目の不自由な老猫はここぞというときに現れ一言で場を収めてしまうとか、名前はまだない‥小さな坊やの猫は自分の名前が欲しくてたまらないんだとか。そんな猫たちとその周りにいる人間たちのお話が何編かございます。
人間と猫たちの出会い別れ巡り会い。一つ一つのお話は違う猫のお話をしているのに読めば読むほどその小さな足跡が交差していくので読むのが止まらなくなってしまいます。心温まるストーリー、切ないストーリー。色々なお話が複雑に絡み合い最後には優しく解けていく物語です。
このお話を読んだあとは、道端で猫たちが集まっていると何を話しているのだろうと、きっと気になってついつい立ち止まってしまうでしょう。そして耳を傾けている自分に気がつくでしょう。

映画化されています。舞台仕立ての映画。舞台やミュージカルが好きな人には革新的で良いと思います。
キイロが一人で歌うシーンはとても綺麗で切なくて泣きそうになった。ゴッホが絵を完成させた時、見た瞬間、体にズーンと衝撃がきて、素直にああ綺麗だと思えた。夜の猫の会議のシーンはさすが舞台、舞台の独特の雰囲気がスゴくて、のまれそうになる。大道具も舞台そのもの。本物っぽくない作り物感。場面の切り替えも舞台そのもの。なかなかない、そういう独特の雰囲気。ああ、いいな、久々に舞台が見に行きたくなった。
これは映画じゃない、舞台だ。最前列の自分だけの特等席。ぜひご賞味あれ。

カレンダー

5月 2020
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ