LFORT BLOG

2021年1月29日

今日の本82(CREEPYクリーピー)

おはようございます。今日は寒いですね。外で作業されるお仕事の方、暖かい恰好でしてくださいね。風邪をひかれないように。
今日の本は、前川裕さん、クリーピー、です。映画、クリーピー偽りの隣人、の原作です。
#kokkoさんの今日の本 #前川裕 #クリーピー

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」
そういって、ある日我が家に助けを求めて駆け込んできたのは、隣に住む女子中学生だった。。。
「なりすまし」という言葉をご存じだろうか。よくサイバー犯罪などで使われることが多い言葉だ。サイバーセキュリティにおけるなりすましとは、ある人が別の人を詐称してシステムを利用したり、あるいは第三者とコミュニケーションしたりする行為などを指す。だが、現実の犯罪世界でもいくらでも行われている。たとえば2002年の北九州市の連続監禁殺人事件、2012年の尼崎事件、主犯とその取り巻きが複数の家族を支配し、虐待、監禁、殺人まで犯した凶悪事件だ。ごく日常的な生活風景に埋もれた凶悪事件というものは、外側からは伺いにくく、明るみに晒された時の衝撃は計り知れない。巷には人畜無害を装った無慈悲な犯罪者が、沢山いるのだろうと思うと背筋が凍る。
主人公は、高倉という犯罪心理学専攻の大学教授である。妻と二人暮らしをしていたが、ある日帰宅途中に職質をかけられるところからお話は始まります。その一件から隣地に住む西野という一家とかかわることになり、平穏な生活が乱されていきます。「展開を予想できない実に気味の悪い(クリーピーな)物語」と綾辻行人氏も惹句を寄せているように、どの話が物語の軸となって膨らんでいくのか見当がつかず、じわじわと恐怖だけが募っていく。探偵や警察との対決はあえて避けて物語は進行していくので、犯人が醸し出すクリーピーな恐怖を読者に味わわせる…それがこの本の醍醐味なのだろう。
隣人との接点が箕臼になっている現代では、現実世界の「なりすまし」というのは意外と簡単で、いくらでもありうる話なのだなと実感しました。そしてご近所づきあいは大事だなと身に沁みました。

出演:西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之

カレンダー

5月 2021
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新記事

2021年5月11日
不動産のお話20(夫婦で借り入れる住宅ローン)
2021年5月7日
今日の本113(ままならないから私とあなた)
2021年5月6日
今日の本112(藁の楯)
2021年4月30日
★★GW休暇のお知らせ★★
2021年4月30日
今日の本111(猫弁と透明人間)
2021年4月29日
今日の本110(猫弁:天才百瀬とやっかいな依頼人たち)
2021年4月27日
不動産のお話19(フラット35買取仮承認通知書)
2021年4月23日
今日の本109(空中庭園)
2021年4月22日
今日の本108(抱擁、あるいはライスには塩を)
2021年4月20日
不動産のお話18(個人信用情報の本人開示制度)
2021年4月17日
スキップフロアの家!エルフォート宝塚市安倉西三丁目価格変更致しました!!!
2021年4月17日
今日の本107(聖なる怠け者の冒険)
2021年4月16日
今日の本106(ガソリン生活)
2021年4月15日
今日の本105(これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~)
2021年4月13日
不動産のお話17(住宅ローンの返済比率)
2021年4月9日
今日の本104(博士の愛した数式)
2021年4月8日
今日の本103(オケ老人!)
2021年4月6日
不動産のお話16(住宅ローンの審査に落ちた場合に考えられる理由、その④)
2021年4月5日
今日の本102(旅猫リポート)
2021年4月2日
今日の本101(ドS刑事(デカ):桃栗三年柿八年殺人事件)

アーカイブ