LFORT BLOG

2020年11月20日

今日の本62(人魚の眠る家)

おはようございます。昨日の晩はすごい雨でしたね。やっと小降りになってきましたが、通学通勤時間帯は合羽を着なければならず、視界も悪かったので、中学の学生さんたちは傘をさして集団でゆっくりしゃべりながら横並びになって登校するので、その合間を小さい小学生や幼稚園や保育園児が歩くのは、かなり大変です。視界の下に子供がいる状態になっているので、わかりづらいですが、急に立ち止まられたりするとコケてしまったりするので、小さい子が歩いている場合は気を配ってあげてください。
今日の本は、東野圭吾さん、人魚の眠る家、です。人の死はいつなのだろうか?脳死判定されたときか、心臓が止まったときなのか。日本の脳死制度に疑問を投げかける一冊です。
#kokkoさんの今日の本 #東野圭吾 #人魚の眠る家

【愛する人が目を覚まさないと知ったら・・・どうしますか】
心臓が動いているのに、脳が動いていない。心臓が止まるのは数時間後か数日後か数年後か…わかりません、どうしますか。ある日突然そう医師から告げられたら、困惑するだろう。心臓が動いているのに・・・と。
ある夫婦のもとに、小学校に上がる前の娘がプールで溺れたと、突然悲報が届いた。彼らを待っていたのは、「おそらく脳死」という曖昧で残酷な現実。脳死は脳死判定を二回おこなって、そこで初めて脳死となる。脳死判定とは、臓器を移植するために必要な判定だ。臓器を移植するには心臓が動いている状態で、臓器が生きている状態でないといけないらしい。脳波がなくなった時点で、臓器移植の意思があるかどうかを聞かれる。残された家族にはたまったものではないだろう。心臓が動いているのに、なぜ?まだ生きているのになぜ?と。
だから、運ばれた時点で脳波がなかった場合、医師は、「おそらく脳死」という表現しかできないのだ。二人は一旦死を受け入れたが、別れの直前に手が反射反応で動いたせいで、直前に翻意。「娘は生きています」と。最先端技術を採用し、医師も驚く方法で、娘との生活を続けることを決意する。狂気ともいえる深い深い愛情。最後には涙涙涙。ここまで愛された子供はきっと幸せな最後の時間を過ごしただろうと思う。それがどういう形でさえ。
一番心に刺さったのは、帯にもあるように、
「娘を殺したのは私でしょうか。」
と問う言葉。その言葉に答えられるのは、今の日本には誰も存在しないでしょう。法律自体があやふやなのだから。何をもって死なのか。深く考えさせられる一冊でした。

主演:篠原涼子さん、映画化もされています。

カレンダー

3月 2021
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新記事

2021年3月2日
不動産のお話11(一戸建てを購入するときに見たいポイント)
2021年2月26日
今日の本90(サバイバルウェディング)
2021年2月25日
今日の本89(探偵の探偵ⅠⅡⅢ)
2021年2月23日
不動産のお話10(一戸建てのメンテナンス)
2021年2月19日
今日の本88(日暮旅人の遺し物)
2021年2月18日
今日の本87(恋のゴンドラ)
2021年2月16日
不動産のお話9(グリーン住宅ポイント制度を創設)
2021年2月13日
完成披露!!スキップフロアーの家!!2/13(土)14(日)オープンハウス開催します!!!
2021年2月12日
今日の本86(アリバイ会社にご用心 ALIBAICOMPANY)
2021年2月11日
今日の本85(秘密結社にご注意を SECRET SOCIETY)
2021年2月9日
不動産のお話8(住宅取得等資金の贈与税非課税枠は最大1500万円)
2021年2月5日
今日の本84(カレイドスコープの箱庭)
2021年2月4日
今日の本83(神様のコドモ)
2021年2月2日
不動産のお話7(すまい給付金は最大50万円)
2021年1月29日
今日の本82(CREEPYクリーピー)
2021年1月28日
今日の本81(プリズントリック&トリックシアター)
2021年1月26日
不動産のお話6(オール電化住宅のメリット・デメリット)
2021年1月22日
今日の本80(校閲ガール)
2021年1月21日
今日の本79(仮面病棟)
2021年1月19日
不動産のお話5(外構工事って別なの?:注文住宅の場合)

アーカイブ