LFORT BLOG

2020年9月15日

★★十五夜・お月見★★

おはようございます。昨夜は涼しくて、寒いくらいでしたね。長袖がいるなぁ・・・と、布団を頭までかぶって寝てました。季節の変わり目なので、体調を崩されないようにしてくださいね。
中秋の名月、といわれる時期になってきました。十五夜ですね。今日はその由来を少しお話しようかなと思います。季節の行事を楽しんで、お家時間を楽しめれば、と思います。
【十五夜の由来】
十五夜は、旧暦の8月15日(新暦の9月中旬~下旬頃)に行われる行事。「中秋の名月」「観月祭」などとも呼ばれる十五夜のお月見は、中国の「中秋節」の祭りが日本に伝わり、元々日本にあった信仰と融合した行事です。
日本人は昔から、月を見ては昔の人を偲びました。旧暦8月15日の満月の頃は、1年の中でもすっきりとみずみずしい月が姿を現します。クリアに見える月の向こうに「あの世」を強く感じ、満月の日には、愛しい人・親しい人を向こうの世界に引っ張って行かれないように、お供え物をして祈っていました。そうすることによって、その年に亡くなられた方やご先祖様たちが食べ物に困ることもなく、また秋の収穫も無事迎えられるという信仰があったのだそうですよ。

ちなみに、中国の中秋節はと言えば、遠く離れた家族や親族がみな集まり、互いに消息を讃え交流するといった、正月に匹敵する大イベントです。この祭で供えられ、食されるものは日本のお団子とは違い「月餅(げっぺい)」という菓子。一人で食べるにはやや大きめのサイズで、真ん中にアヒルのたまごの塩漬けや大きな栗が入っています。二つに割ると、ちょうど月が入っているように見えるといいます。

日本ではお団子をお供え物として飾ったりしますね。この機会に、お子様と一緒に、お家で作ってみてはいかがでえしょうか?

うさぎの形をしたお団子なんかも可愛いですね♬

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ