LFORT BLOG

2020年8月28日

今日の本44(ジュリエットの悲鳴)

おはようございます。昨日の雨で今日は少し気温が下がりましたね。朝は過ごしやすいかなと感じました。
今日の本は、有栖川有栖さん、ジュリエットの悲鳴、です。12編からなる短編集です。
♯有栖川有栖 ♯ジュリエットの悲鳴

12編のショートショート。一話30ページ前後でお話が完結する。これはすごい。登場人物の紹介、話の設定の説明、そこからのミステリー、そしてちゃんとオチがある。一話が短いので、長編のような派手な展開はないものの、ジャンルはホラーではないですが、読み終わったあと、ぞわぞわっとするお話が多いです。
題名のジュリエットの悲鳴は最終話。ロミオとジュリエットのお話がちゃんと背景にあります。
短い文章でこれだけ見せられるのは有栖川有栖さんならではではないでしょうか。
通勤通学の合間に、家事の合間に、隙間時間に読めてしまうので、短編集おすすめです。

カレンダー

1月 2021
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ