LFORT BLOG

2020年8月7日

★★★今日は立秋です★★★

おはようございます。まだまだ暑いですが、暦では立秋です。立秋を表す言葉をいくつかご紹介いたします。秋の入口、昔からいろいろな表現で季節を表現されてきたのだな、と四季のある日本ならでは、ですね。

●「はじめて秋の気立つがゆへなればなり」
秋の気立つは、秋の気が立つで「秋の気配が現れてくる」という意味。暦便覧では、立秋を初めて秋の気配が現れてくる日と表しています。
まだまだ暑い日は続くけれど、朝晩の空気がなんだか変わってきたとか、今日の風はいつもと違うような気がするという風に、ほんのちょっとしたところに、秋の気配を感じることが出来る日を迎えたということです。
●「涼風至(すずかぜいたる)」※「りょうふういたる」とも読まれます。
涼しい風が吹き始める季節を表しています。
●「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」※「かんぜんなく」とも読まれます。
蜩ひぐらしが、鳴き始める季節を表しています。日暮れが迫る頃、カナカナ・・・という蝉の声を聞いたことはありませんか?それが、蜩の鳴き声です。涼し気でもあり、どことなく哀愁を帯びた鳴き声が、夏の終わりを感じさせてくれます。
●「蒙霧升降(ふかききりまとう)」※「もうむしょうこう」とも読みます。
深い霧が、まとわりつくように立ち込める季節を表しています。

暑い日が続きますが、お身体にお気を付け下さいませ。

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ