LFORT BLOG

2020年7月31日

今日の本39(幻坂)

おはようございます。昨日は夕方、雨もですけれど、雷がすごかったですね。事務所も一瞬停電になったので、すごくびっくりしました。すぐ復旧したので良かったですけれど、外の雨の降りようは見ていて怖かったです。夏のゲリラ豪雨を思い出させる雨でした。
今日の本は、有栖川有栖さん、幻坂、です。
♯有栖川有栖 ♯幻坂

大坂にある七つの坂。清水坂、藍染坂、源聖寺坂、口縄坂、真言坂、天神坂、逢坂。大坂は南北に細長い基本的にのっぴりした平坦な地やけど、たま~に坂もある。七つの坂にまつわるお話の短編集。
私も出身は大坂のキタ、どっちかってゆうとほぼほぼ京都寄り、大阪弁と京都弁が入り混じった地域。京都寄りやけど、山に移管限り坂があったイメージがあんまりない。兵庫県に越してきて、芦屋や西宮の山手の方とか、ほんまに上手いこと坂のとこに家を建ててはるなぁ・・と関心した覚えがございます。
坂には色んな人の色んな思いが詰まっている場所。毎日登ったり降りたりの日常。坂がメインの題名にあるように幻がつきもので、つまりは霊にまつわるお話でございます。自分の想い人やったり、成仏できん霊やったり、そこは色々ですね。
「愛染さんパラパラ」そういう言葉が出てきて可愛い響きの言葉やなぁと思いました。パラパラゆうんは、雨がパラパラやとかゆうんですけれど、つまりは雨がちょっと降ってる(小雨)という意味。愛染さんパラパラは、愛染坂で想うてる男女が雨にパラパラ降られたら、両方の想いが叶うってゆう、なんとも可愛らしい伝承。~さん、ってつけるのも大坂っぽいですね。太閤さんとか。けっこうなんでも、~さん、ってつけるかもしれない。
作家さんが関西出身やからか、舞台が関西方面が多いのも、関西出身としては嬉しい。あ、ここの土地知ってるわ、ここはあそこがモデルになってるんちゃうかな、とか、読んでいて親近感がわいてくるのも楽しみなところ。
短編集なので、これは好きやなぁ、これはあんまり好みでないなぁ、これはよぉわからんなぁ、これは怖すぎやわぁ、とか、お話によって評価は分かれるけれど、一個でもええお話を見つけたられたらその本はええ本なんやと思います。お気に入りのお話見つけてくださいね。

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ