LFORT BLOG

2020年5月26日

今日の本22(武士道シックスティーン)

おはようございます。今日は午後から雨が降りそうです。久々の雨ですが、余計蒸し暑い空気になっているので、熱中症にご注意ください。
今日の本は、誉田哲也さん、武士道シリーズ、です。女子高生の剣道のお話です。映画化もされています。
#誉田哲也 #武士道シリーズ #文春文庫 #武士道シックスティーン #武士道セブンティーン #映画化

女子高生の剣道部のお話。小さい頃から剣道場に通っていた主人公磯山と、日本舞踊から剣道に転向した早苗。正反対の二人。磯山からすると舞踊なんぞやってたなまっちょろい精神で武士道ができるか!といつも喧嘩腰。早苗はおっとりだが心の通った性格でゆっくりだが着実に剣道がうまくなっていく。
互いに良くも悪くも影響し合う二人の対決、決別、再会、そして再びの別れ。
二人が目指す武士道とは。
剣道は突き詰めればスポーツではないと思う。精神を鍛えるものだと思う。
スポーツは審判がいないところで行えばどこで止めてよいかわからず、結果過剰暴力になったり怪我をさせたりしてしまうこともあるかもしれない。
剣道は、どこまでいっても、路上であっても、防具がなくても、心に武士道があれば武道である。暴力に成り下がってもいけないし、暴力に屈してもいけない。武士道は、相手の戦闘能力を奪い、戦いを収める。そこが終着点。きちんと自身で止めることのできるのが武士道だ。
だからこそ子供には剣道を習わせたいし続けてほしいと思う。背中にピンと一本しっかりとした軸をもった人間になってほしいと思った作品でした。

カレンダー

10月 2020
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ