LFORT BLOG

2020年5月12日

今日の本15(こうふくみどりの)

おはようございます。真夏日。暑いですね。マスクが暑くて苦しくて辛いです。熱中症に気を付けてください。水分補給を忘れずに。
五月に入り、つつじが満開に綺麗に咲いていました。色鮮やかで新緑の季節。運動不足で散歩されている方、道端の花々に目をやってみてください。こんな花もあったなぁ、と癒されるかもしれません。

DSC_3051


今日の本は、西加奈子さんの、こうふくみどりの、です。舞台は大阪下町。中学生の女の子が主人公です。思春期真っただ中。自分の存在意義を模索する時期ですね。心の中の葛藤、自分を抑えきれない感情、いろんな意味で沢山成長する時期のお話です。
#こうふくみどりの #西加奈子 #小学館文庫

大阪のどこかの街(たぶんミナミ)が舞台。14歳の中学生みどりが主人公。
みどりん家には男がいてない。おばあちゃん、お母ちゃん、従姉妹の藍ちゃん、藍ちゃんの娘の4歳の桃ちゃん。カミさん、ホトケさん、ポックリさん。みーんな女。ちなみにカミさんとホトケさんは猫、ポックリさんは犬。カミさんの発音が解らんゆう人もいてはると思うので由来が神棚からきてるーゆーたらわかるだろうか。カミさん、神さん。
そんな女ばっかりのお家、なぜだかご近所さんがおばあちゃんやお母ちゃんに相談しょっちゅうしに来るん、藍ちゃんの作った美味しいご飯食べながら、そこで見聞きするこうふくのお話の数々。みどりはご飯食べながら黙ってたくさん聞いてきた。
家に常に知らん人が出入りするん抵抗ないんかな‥って思ったけど、もう慣れた、という諦めモードのみどり。でも通うてるガッコに背の高い男子が転校してきたことから、みどり自身にも色々起こり始め色々変わってゆく。別に目を引くような男前でもないしあんま喋らんし喧嘩が強いわけでもないんやけど、みどりの親友のアーコとか、色々な人に好かれてしまうので困ったことになるんやけど、彼がホンマに好いとう人は皆がびっくりする人やった。中学卒業したら就職して自分が養うんやって、14歳の男子が決意できるのはスゴイ。けど周りからしたら無謀やってなるよね。結婚できる年齢にもなってへんし中2やし子供やし。それでもそんなん飛び越えてしまうほど好きになってしもうたんやね。どーしよーもなく。
ちなみに、みどりはお父ちゃんがいてるけどいてない。他の子のお父ちゃんしてはるから。別に会いたいと思わんし「いてない」と「いてるけどいてない」は全然違うんやて。お父ちゃんはいてるけどいてない。いてないんちゃう。
誰かのこうふくが誰かのふこうになって、その逆もある。女ばっかやと、色々複雑で、色々あるんよ。イイこともワルイことも、もちろんコウフクなことも。
みどりにこうふくあれ。
みんなにもこうふくあれ。

カレンダー

10月 2020
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ