LFORT BLOG

2020年5月8日

今日の本13(ラストレシピ)

おはようございます。春を通り越して、お昼間は夏のような暑さですね。服装が毎日悩みます。綺麗なハナミズキが咲いていました。桜もいいですけれど、ハナミズキも好きです。

DSC_3056


今日の本は、田中経一さんのラストレシピです。人生の最後に何が食べたいですか?一度食べたものは忘れない、そういう特別な舌をもつ、最期の料理請負人としてそれを完璧に再現することを職業とした若者のお話です。
#ラストレシピ #ラストレシピー麒麟の舌の記憶ー #田中経一 #幻冬舎文庫 #映画化

人はどうして料理をするのか。
単に胃を満たそうとするだけならば、生肉と木の実や果物をだけを食べていれば生きていけるし、生肉の中には内臓もあるしミネラルもとれるから、塩を摂取する必要もない。
なのに、わざわざ時間と手間をかけて料理をするのか。それは誰かを喜ばすため。手を加えていない食べ物と料理の違いは、きっと食べて喜ぶ人がいるかどうかだと思う。料理人は凄いですね。たくさんの人を毎日幸せな気持ちにさせることができるのですから。
この本は、一度味わった味を必ず再現できる「麒麟の舌」を持った料理人が「最期の料理請負人」という人生で最期に食べたいものを作ることを生業にするお話です。
ある時、満州時代に作られた「大日本帝国食菜全席」という204品に及ぶコース料理の再現を依頼されます。レシピを見つけ出すことからして困難、だから報酬も法外、胡散臭いと思いつつも依頼を引き受けることになり、レシピの不思議な因果に巻き込まれていきます。
古いレシピに詰まっていたものは、名もない料理人の深い深い愛情。何年何十年かかっても届くように、レシピに託したもの。それは大切な人を守るためついた嘘の裏にあった本当に伝えたかった言葉たち。
辛さや悲しさ、不幸なことというのは幸せなことよりずっと深く記憶に刻まれていく。だから過去を振り返ると辛いことが多い。ああ、幸せなことなんて本当にあったのかなと疑ってしまうほど、辛い記憶は強く消えてはくれません。でもひとつくらいはあるはず、自分が忘れているだけの幸せな記憶が。なかなか見つからない‥。大切な記憶は奥の奥の方に大事に大事にしまい込んでいるのかもしれませんね。
この本に出てくるレシピは、記憶に埋もれてしまった幸せだった時のことを思い出させてくれる処方箋(レシピ)です。
ああ、なんかしんどいな嫌だな辛いな、そう思ったとき、すごく小さなことでもいい、幸せだと思えた事を一つでもいいから思い出して。それがあなたの心を支えるレシピになる。
私もひとつ小さなレシピをすぐ取り出せるところに置いておこうと思います。挫けそうになったとき、すぐに見つけられるように。

映画もとてもよかったです。

カレンダー

9月 2020
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ