今日の本114(超高速!参勤交代)

おはようございます。昨日の晩はすごい雨でしたね。雨音でなかなか寝付けませんでした。最近は雨が多くなってきました。急に降り出すこともあるので、折りたたみ傘は持ち歩きましょう。

今日の本は、土橋章宏さん、超高速!参勤交代、です。シナリオを書かれていた方でしたが、本作品で小説デビューされました。シナリオを書かれていただけあって、読みやすい、話の構成がまとまっていて、すぐに映像化できそう・・・と思っていたら、映画化、という流れ。さすがですね。
#kokkoさんの今日の本 #土橋章宏 #超高速!参勤交代

【10日かかる道程を5日以内で突破せよ!】
東北にある湯長屋藩は、とても小さな藩である。温泉が出ることもあり、藩主の政醇は、そこらじゅうで湧く野湯に浸かっては、地元の民と長話するのが好きであった。おかげで領民は誰でも政醇の顔を見知っていて、湯の帰りにしばしば、とれたての野菜や魚を土産に持たせるほど、仲が良かった。
最近参勤交代で帰ってきたばかりの政醇のもとに、
「本日より五日以内に江戸に参勤せよ」
との上様からのお達しがでた。五日後の戌の刻(午後八時頃)までに江戸城に出仕できなければ、藩は取り潰しとなる。参勤交代は一年おきの定めであるはずなのに、金山の届け出に偽りアリ、との疑いがでたのが原因だった。実際、金山ではなかったのだが、それを隠しているのではないのか?と思われたせいだった。
先刻の参勤交代で近隣の藩に借金をしたところで、畳をひっくり返しても古銭が少し出てくるだけだった。どうあがいても行列をつくれる資金などない。日程も無理にもほどがある。だが、行かねば、藩が取り潰しになる。行く、以外に、選択肢はなかった。
話し合っているうちに一日が過ぎ、正味四日で江戸まで行かなければならない。そこで、政醇たちがとった方法は・・・およそ殿様がするような行動ではなかった。山道を突っ切り、野宿し、大名行列を見に来る宿場あたりだけ中間を50人ほど臨時で雇い、行列を民に見せ、そこを通り過ぎるとまた山道を走る。さすれば三日でなんとか江戸まで到達できるとのことだった。藩から出発したのはわずか八名。荷物は軽くするため、刀まで竹光だ。それもこれも参勤を成功させるため。見栄もへったくりもない。大切な民を守るため。彼らは山道をひたすら走り続ける。
【我が藩に豊かにあるのは、人だけだ】
道中、この急な参勤を策略した老中の子飼いに襲われたり、邪魔をされたり、中間が銭が少ないから行列のバイトはやらないと駄々をこねるなど、トラブル続出。
政醇は、この参勤をミッションを成功させることができるのでしょうか?

政醇は、一見おだやかな気質に見えるが、剣の達人であったりします。足腰も達者で山道も他の者に引けを取らないくらい早く走ります。

コロナ感染症対策

コロナ感染症対策として検温・マスクの着用・手指の消毒等のご協力をお願いいたします。万全の対策をしてお待ちしています。ご安心してご来場・ご来店ください。