今日の本111(猫弁と透明人間)

おはようございます。昨日からGWが始まっている方も多いかと思います。コロナ禍のなか羽目を外しすぎず、それでも楽しく休日を過ごすには、いろいろ工夫が必要になりそうですね。長期休み、なにをしようかな、でも行くところがない、困った。現在はそういう状況です。インドアで楽しいことを見つけてみましょう。
今日の本は、大山淳子さん、猫弁と透明人間、です。
#kokkoさんと今日の本 #大山淳子 #猫弁と透明人間

【誰でもいいのなら、私と結婚してください】
世田谷猫屋敷事件を担当し、大手事務所をクビになり、独立してひっそりと弁護士事務所をしている百瀬。世間では、猫弁、と言われ、ペット関連の依頼が多い。事務所はペット訴訟で放り出された猫でいっぱいだ。
絶賛婚活中だったのだが、3年で31連敗、とうとうお金が尽きて、ナイス結婚相談所を退会した。のに、、彼女いない歴39年の男に、いきなり婚約者ができた。元担当職員の大福亜子である。退会した後、「誰でもいいのなら、私と結婚してください」と逆プロポーズされたのだ。職員は会員と付き合うことができない。なので退会したタイミングで、そう告白された。こんな若くてこんなにも綺麗な人、築40年のアパートに住む39歳の近眼男と結婚すると決心した稀有な女性。このまま結婚していいのだろうか?夫として責任を果たせるだろうか?
百瀬が贅沢な悩みに浸っているあいだに、1通のメールが届いた。
【ぼくはタイハクオウムが心配で夜も眠れません】
差出人は透明人間よりとなっている。山田のタイハクオウム(杉山という名前のようだ)が無事かどうか見に行って写真付きで報告してほしいという依頼。着手金は50万、成功報酬は50万。金額につられ承諾のメールを送った。居場所もわかっているし簡単な仕事に思えた。山田宅にいた、杉山(オウム)は元気で、写真もすぐ撮れ、完了メールを送るとすぐに成功報酬が振り込まれた。山田の希望で杉山は一時的に百瀬が預かることになった。杉山を心配する透明人間とはいったい誰なのか?気になって仕方がない百瀬。事務所は猫でいっぱいなのにオウムがはいりこんでテンヤワンヤ。王様気分でキャットタワーのてっぺんに君臨する杉山。だが、猫と鳥、数も猫のほうが多い、いつか杉山に危害が加わるんじゃないかと心配でならない百瀬は、透明人間を探し出して、杉山をもらってもらえないかと考えるようになった。
婚約者の亜子との距離は縮まるのだろうか?亜子が百瀬を選んだ理由は?透明人間は実在するのか?みんなが笑顔になるように今日も百瀬は走り回る。あちこちに笑顔が向日葵のように咲き誇る。事務所の黄色いドアの色のように鮮やかに。


キャットタワーのてっぺんがお気に入りの杉山(オウム)。まるで王様だ。獣医の柳まこと先生も見上げています。獣医のまこと先生は猫たちの健康管理と、里親を探すのを手伝ってくれています。

コロナ感染症対策

コロナ感染症対策として検温・マスクの着用・手指の消毒等のご協力をお願いいたします。万全の対策をしてお待ちしています。ご安心してご来場・ご来店ください。