今日の本105(これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~)

おはようございます。伊丹市もマンボウの対象に加わりそうです。マンボウと聞くと水族館にいるあのマンボウが頭に浮かんできて・・・違う略称はなかったかなぁ・・・?と思うこの頃です。
今日の本は、青木祐子さん、これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~、です。NHKで多部未華子さん主演でドラマ化もされています。
#kokkoさんの今日の本 #青木祐子 #これは経費で落ちません!

【だいたいの社員は、入社するとすこしずつずるくなる】
森若サナコ、27歳、年齢と同じ期間彼氏ナシ。石鹸や入浴剤の会社の天天コーポレーションに入社以来、経理一筋。きっちりとした労働、適正なお給料、過剰なものも足りないものもない、完璧な生活。週末の楽しみはレンタル映画と、天天コーポレーションの入浴剤、パラダイスバス。それから土曜日の夕方帰りがけに買うお寿司。映画を見ながら週末だけの可愛いネイルアート(月曜日には薄いピンクの地味なのに変える)。
なのに、なのに、最近周りがざわざわしている。自分のリズムが邪魔されている。
経理部にやってくる営業の太陽君。彼が出す領収書には、4800円たこ焼き代、テーマパークのチケット代、などなど。クリエイターのアイディアを引き出すために必要な経費だというが、本当にそうなのか??たこ焼き代で4800円は高い気が!?テーマパークも営業に必要!?
秘書課のマリナさんが経理部に直接現金で入金しにきた25万円。小さな小さな温泉宿の石鹸購入代。一個100円の石鹸。それが25万円分となると・・・・額が多すぎる。本当に石鹸代だけ?秘書課には特殊枠という経理があるのでその裁量内だったら中身は知らされない。だけど小さな温泉旅館の石鹸代で、一回25万円の支払いは高すぎる気がします。
そんな、冷静沈着な森若さんの心をざわめかす、天天コーポレーションの領収書たち。
森若さんはフェアじゃない。イーブンだ。
天秤にかけて、イーブンになれば、それでいい。それが不公平なことであっても。日常の平穏な心を保つことができればそれでいい。
イーブンでありさえすればいい。

花形の秘書課で働くマリナさん役はベッキーさん。自分で書類を経理部に届けたりせず、いつも書類を取りに来いと森若さんを呼び出す高飛車な秘書さんを演じています。

コロナ感染症対策

コロナ感染症対策として検温・マスクの着用・手指の消毒等のご協力をお願いいたします。万全の対策をしてお待ちしています。ご安心してご来場・ご来店ください。