今日の本156(あゝ、荒野)

おはようございます。夕方六時ごろになると、もう暗くなる頃になりましたね。秋になってきたなぁ。と思うこの頃です。
今日の本は、寺山修司さん、あゝ、荒野、です。
※原作は今日の人権擁護の見地に照らして不当・不適切と思われる語句や表現が含まれています。作品発表時の時代的背景、また著者が故人であるという事情に鑑み、著作権継承者の了解を得たうえで、一部を改めるにとどめました。とあります。不快に思われる用語等が原作には多々ございますので、原作よりも映画をお勧めいたします。菅田将暉×ヤン・イクチュンW主演での映像化は前編・後編の二部作になっています。
#kokkoさんの今日の本 #あゝ、荒野 #寺山修司

【孤独をぶち破れ!!】
少年院あがり、自分を捨てた母親を憎む、新次。
吃音で、赤面対人恐怖症、の、バリカンこと健二。

原作では1966年の新宿が舞台。映画では2021年、新宿が舞台。かつて振り込め詐欺に手を染め、少年院を出たばかりの新次は、兄と慕っていた先輩を半身不随に追い込んだ元仲間に殴り込みをかけるが、逆に今はプロボクサーとなった相手に強烈な一撃を喰らう。倒れ込んだ新次に手を差し伸べたのが、たまたま近くに居合わせた健二だった。その様子を目撃していた元ボクサーの堀口(原作では片目)は、新次と健二を自分が運営するボクシングジムに誘う。やがて二人はプロテストに合格し、互いを高め合うが…。

同じボクシングジムにいた頃、バリカンは常に二番だった。
自分は二番目としてしか生きられない。
そんな男から見た「一番目」の男(新次)までの距離は、
思いがけないほど遠いものだった。
「見えないから届かない」
「手が届いているのにつかんでいる実感がない」
そんな感じだった。
だから離れた。
離れて新次と闘いたいと思った。
ライバルにして同志である新次。
彼を憎まなければ・・・勝てない。。。

試合のゴングが鳴り、撃ち合う二人。
バリカンのそれは、「話しかけるボクシング」だった。
拒絶されても拒絶されてもなお「話かける」ように。
前のめりに顔を突き出していく。新次のパンチが続く。
自分は打ち返せない。
ああ、憎むことができなかった。
ああ、俺はちゃんとここにいるんだ。
だから、だから、だれもどこへも行かないで。
愛するために愛されたい。。

リングの上でしのぎを削るうち、二人の関係性はより複雑で混沌になっていく。二人のいくすえは・・・。

コロナ感染症対策

コロナ感染症対策として検温・マスクの着用・手指の消毒等のご協力をお願いいたします。万全の対策をしてお待ちしています。ご安心してご来場・ご来店ください。