今日の本109(空中庭園)

おはようございます。すっかり暖かくなって春というよりかは、夏日和ですね。GWに何をしようかと考えていて、家キャンプをやってみようかなぁ、と漠然と思ってます。ベランダキャンプはご近所さんのこともあるので、家の中で、家キャン。コロナ禍で流行っているようです。皆様もいかがでしょうか?
今日の本は、角田光代さん、空中庭園、です。映画化されています。他にも、八日目の蝉、紙の月、など映画化多数ある作家さんです。
#kokkoさんの今日の本 #角田光代 #空中庭園

【何ごともつつみかくさず】
郊外のダンチで暮らす京橋家。ダンチからちょっと行くと、ディスカバリーセンターという大きなショッピングモールがある。ダンチに住む人々は、ほかに行くところもないので、ダンチとディスカバの往復で一日を消費している。

・何ごともつつみかくさず、
・タブーをつくらず、
・できるだけすべてのことを分かち合おう、
というモットーのもとにあたしたちは家族をいとなんでいる。何ごともつつみかくさない、というのはパパとママの基本的な考え方で、かくすというのは、恥ずかしいからかくす、悪いことだからかくす、みっともないからかくすわけで、でも、あたしたちの生活の中に恥ずかしいことも悪いこともみっともないこともあり得るはずがない、というものだ。

かくしごとをしない、というモットーは、ひょっとしたら、とてつもなく大きな隠れ蓑になるんじゃないか。あたしたち家族の一日は、いや、あたしたちの存在そのものは、家族に言えない秘密だけで成り立っていて、そのこと自体をかくすために、かくしごと禁止令なんかがあるんじゃないか。その禁止令がある限り、家族の誰も疑ったりはしないのだから。
へんなことだと思う。
ひとりだったら秘密にならないものが、みんなでいるから隠す必要がでてくる。
へんなことだと思う。
本当はみんなが秘密を隠し持っているのだ。タブーのないはずのないはずの家族の間には、怖いほどの秘密が隠されている。
六人の視点から六人それぞれの物語が綴られていく。話し手が変わるたびに明らかになっていく、秘密。その秘密の暗さ、重さ。ズシンズシンとページをめくるほど圧し掛かってくる。それにあなたは耐えられるでしょうか?
映画化されています。


八日目の蝉。映画化。

紙の月。映画化。

コロナ感染症対策

コロナ感染症対策として検温・マスクの着用・手指の消毒等のご協力をお願いいたします。万全の対策をしてお待ちしています。ご安心してご来場・ご来店ください。