LFORT BLOG

2021年2月19日

今日の本88(日暮旅人の遺し物)

おはようございます。今朝は足元が冷えますね。寒いと体の動きがどうしても鈍ります。足をしっかりあげて歩きましょう。躓いて転ばないようにしてくださいね。
今日の本は、山口幸三郎さん、日暮旅人シリーズ第9弾、日暮旅人の遺し物、です。「視覚探偵日暮旅人」が以前、松坂桃李さん主演で、ドラマ化されていましたが、その原作シリーズ本です。第9冊目となるこの本は短編集で、本編からはお蔵入りになったお話ばかりが集められた、ちょっと変わったお話が詰まった一冊です。旅人が五感を失わなかった世界が描かれていたり、ティちゃんが隠れて猫を飼うお話だったり、日暮旅人シリーズの番外編です。
#kokkoさんの今日の本 #山口幸三郎 #日暮旅人の遺し物 #視覚探偵日暮旅人

もし彼が五感を失っていなかったのなら・・・世界はまるで違っていたのだろうか。
もしも、今ある現実がすべて夢だったとしたならば。本当の自分はまだ眠っていて、真実の世界では全く違う人生を歩んでいるのではないかと。それはもしかしたら過酷な世界かもしれない。あるいは、すべて満たされた世界かもしれない。どちらにせよ、今見えている世界とは異なる景色ををしているはずだ。二度と開くことのない瞼の裏で、こことは違う物語あり方を想像する。たとえば・・・・。そんなお話がたくさん詰まった一冊になっています。
実際には、彼の感覚の唯一だった視覚だけの世界から、視覚を失って代わりに四つの感覚を取り戻していきます。今まで見えていたものが、見えなくなり、目が見えなければ今までやっていた探偵業は難しい。「探し物探偵事務所」を廃業し転職することを決めた旅人。晴眼者よりも感覚が鋭いく、空間掌握に優れていても、やはり目が見えなければやはり探偵業は難しくなってきます。職種が変わることで、事務所の整理などしなければならないとき、助けてくれるのはやはりパートナーである雪路が手伝ってくれる風景は、やはりほんわかしますね。

ドラマは原作と大きく違うのは、亀くんですね。原作では大柄で見た目が怖くてでも無口で優しい人、ですが、ドラマでは上田竜也さんが演じています。それはそれで似合ってました。

血はつながっていない人の集まりでも、こんなにも家族だ、と思える、雰囲気。とても良いです。過酷な現実さえ吹き飛ばしてしまうような、あふれる優しさに包み込まれるでしょう。「人に恵まれる」それがいかに難しくて尊いものなのか。原作でもドラマでも涙涙涙。旅人さんだけじゃなく、まわりにいるティちゃん、陽子さん、雪路、カメ、みんながみんな幸せになれますように。

カレンダー

5月 2021
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新記事

2021年5月11日
不動産のお話20(夫婦で借り入れる住宅ローン)
2021年5月7日
今日の本113(ままならないから私とあなた)
2021年5月6日
今日の本112(藁の楯)
2021年4月30日
★★GW休暇のお知らせ★★
2021年4月30日
今日の本111(猫弁と透明人間)
2021年4月29日
今日の本110(猫弁:天才百瀬とやっかいな依頼人たち)
2021年4月27日
不動産のお話19(フラット35買取仮承認通知書)
2021年4月23日
今日の本109(空中庭園)
2021年4月22日
今日の本108(抱擁、あるいはライスには塩を)
2021年4月20日
不動産のお話18(個人信用情報の本人開示制度)
2021年4月17日
スキップフロアの家!エルフォート宝塚市安倉西三丁目価格変更致しました!!!
2021年4月17日
今日の本107(聖なる怠け者の冒険)
2021年4月16日
今日の本106(ガソリン生活)
2021年4月15日
今日の本105(これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~)
2021年4月13日
不動産のお話17(住宅ローンの返済比率)
2021年4月9日
今日の本104(博士の愛した数式)
2021年4月8日
今日の本103(オケ老人!)
2021年4月6日
不動産のお話16(住宅ローンの審査に落ちた場合に考えられる理由、その④)
2021年4月5日
今日の本102(旅猫リポート)
2021年4月2日
今日の本101(ドS刑事(デカ):桃栗三年柿八年殺人事件)

アーカイブ